« 優勝だぁ! | トップページ | 心踊るスコアボード! »

歓喜から一夜明けて。

歓喜の瞬間から一夜明けて…。

まだ、心地よい余韻を楽しんでいます。

就任時、「早稲田のエース・斎藤君を倒して優勝したら最高!」と語っていた塾・江藤監督の言葉通りの展開となった3回戦。

早稲田が誇るドラフト1位候補3人衆をことごとく打ち砕いたのは、竹内(一)君・山口君・伊場君の塾高OB3人衆。

竹内(大)君・福谷君の今季台頭した若き投手陣の好投を受け継ぎ、最後に優勝のマウンドに立っていたのは数々の修羅場をくぐり抜けて来た4年・田中(宏)君。

学年を超え自分のすべき役割を果たすというチームとしてのまとまり・一体感を感じさせるような素晴らしい試合でした。

.

優勝は11季ぶり。

5年ですか…。

前回(H16秋)時は、中村太郎主将の下、早川君・岡崎君・池辺君・堤野君ら超強力攻撃陣に、サブマリン合田君・30勝左腕となった加藤君らを擁した投手陣が揃い、塾史上最強と呼ばれた世代が成し遂げた優勝でした。

春の優勝は更にさかのぼり、なんと13年ぶり。高橋由伸君が主将の時以来ですよ。

本当に、久しぶりですねぇ…。

.

さあ、塾野球部は、東京六大学連盟代表として、6月8日から始まる大学選手権に出場、日本一に向けての挑戦が始まります。

最悪2勝1敗で乗り切れば優勝できるリーグ戦と違い、大学選手権は一発勝負のトーナメント。負けたら終わり、一戦一戦全力でぶつかり、どんな形でも構わないから勝利という結果を残さなければ先に進めない厳しい闘いです。

でも、東京六大学春季リーグ戦で覇を競った早稲田・明治・法政・立教・東大の為にも絶対に負けるわけにはいきませんよね。思いっきり歓喜の美酒を楽しんだら、きっちり気を引き締め直し、凌ぎを削ったライバルたちの分まで頑張って日本一の栄冠を勝ち取ってほしいと思います。

あっ、もちろん、まずは新人戦優勝ですよ!

|
|

« 優勝だぁ! | トップページ | 心踊るスコアボード! »

大学野球」カテゴリの記事

慶応義塾」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

優勝おめでとうございます!!
悔しいけど、
めっちゃうれしいです!
塾野球部も大好きだし、ずっと応援してましたから。
ウチはあれがせいいっぱいです。
今の塾から連勝はできません。
夏に鍛え直して、秋は天皇杯&優勝旗を奪いに行きます!

次は日本一ですね。
決勝戦は見に行けそうなので、今度は反対側ではなく、目の前で胴上げを見たいと思います。

投稿: 疾風 | 2010年6月 2日 06時07分

疾風さん、コメントありがとうございます。

「華の早慶戦」といわれるだけの白熱した素晴らしい内容の3連戦でしたね。准宮での観戦や速報を見聞きしながら、祈るとような気持ちでハラハラドキドキしておりました。

さすが早稲田ですね。今回は塾が勝たせていただきましたが、力差は全くなく、逆の結果になっていても全くおかしくなかったと思いました。

秋はますます大混戦になりそうですが、早慶優勝決定戦となるよう、早慶共に頑張ってほしいですね。

塾は、東京六大学代表として早稲田らしのぎを削ったライバルのためにも、日本一にならなくてはなりませんね。(そうでないと申し訳ない…)

気を引き締めなおし、87年以来の大学日本一に向かって頑張ってほしいと思います。

また何かありましたらコメントいただける連れしいです。

投稿: すーさん | 2010年6月 2日 07時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/34989940

この記事へのトラックバック一覧です: 歓喜から一夜明けて。:

« 優勝だぁ! | トップページ | 心踊るスコアボード! »