« 報徳学園vs砺波工戦 ~大会4日目・第1試合~ | トップページ | 広陵vs聖光学院戦 ~大会6日目・第2試合~ »

大分工vs延岡学園戦 大会5日目・第1試合~

隣県対決となった大分工vs延岡学園。

本格派エース右腕・田中君が力投する大分工に対し、延岡は坂本君・押川君が小刻みに入れ替わる継投策で大分打線を翻弄します。

両校とも、連打・スクイズと多彩な攻めで得点を重ね、4-4の同点のまま一歩も譲らず今大会初の延長戦へ突入します。

延長10回裏、延岡の攻撃。先頭の6番・横山君が右前安打で出塁すると2盗に成功、7番・中嶋君がきっちり犠打を決め1死3塁というサヨナラの好機を迎えます。8番・小田原君が四球を選び1死1・3塁。バッターは左打席に9番・矢野君。

1球目。田中君が投げると同時に三塁ランナーがスタート!初球スクイズ!!

…が、田中君が外角高目にウエストした138kmのストレートを矢野君はかろうじてファウル。スクイズ失敗。

2球目。再び三塁ランナーがスタート!

…が、外角高目のウエスト気味の140kmのストレートを矢野君はスクイズできません。ファウルで2ナッシングと追い込まれます。

3球目はボール。

そして4球目。モーションと同時に三塁ランナーがみたびスタート!

矢野君がさっとバントの構え、3バントスクイズだ!

田中君はとっさに外角高目へウエストする!

矢野君飛びつくがバットに当たらない!

スクイズは失敗だ!!

「あ~!!!」っと思った次の瞬間、信じられない光景が…。

田中君の投球は、飛びつくキャッチャーのミットの遥か上方を越えバックネットへ。

スタートを切っていた三塁ランナーは手を叩きながらそのままホームイン。

サヨナラ暴投…。

熱戦は、誰も予想だにしなかった無情な終わり方で幕を閉じました。

 大分 110 010 100 0   =4
 延岡 001 111 000 1x  =5

続く第2試合(仙台育英vs開星戦)でも、9回表2死満塁ながらも勝利まであと一人というところで開星のセンターが風に押し戻された浅い飛球を痛恨の落球、2者生還で逆転を許してしまい、結果これが決勝点となり敗退してしまうという出来事もありました。

時に甲子園は、一生懸命頑張ってきた選手達にあまりにも厳しすぎる結末を科すのだなぁとしみじみ思った大会5日目でした。

|
|

« 報徳学園vs砺波工戦 ~大会4日目・第1試合~ | トップページ | 広陵vs聖光学院戦 ~大会6日目・第2試合~ »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/36129598

この記事へのトラックバック一覧です: 大分工vs延岡学園戦 大会5日目・第1試合~:

« 報徳学園vs砺波工戦 ~大会4日目・第1試合~ | トップページ | 広陵vs聖光学院戦 ~大会6日目・第2試合~ »