« 大会11日目、ベスト8をかけた戦い。 | トップページ | 準々決勝! ~大会12日目~ »

東京一は関東一 ~大会11日目・第2試合~

東西東京対決となった昨日3回戦の第2試合は、関東一が早稲田実業を10-6で下しベスト8進出を決めました。

  早実 000 200 103   = 6
  関一 003 020 41X   =10

真の東京ナンバー1決定戦は関東一に軍配が上がり「東京一」となりました。

早実にしてみれば、序盤の再三にわたる好機をモノにできず関東一に先制を許し、試合の流れを持っていかれてしまったことが惜しかったですね。

関東一の側から見れば、白井君が序盤の攻めを凌ぎきった事、7回に2点差に詰め寄られた直後、足を絡めた見事な集中打で4点を奪い、嫌な流れを断ち切って一気に勝負を決めた攻撃が大きかったです。

さて…

早実が14安打・四死球10、関東一が11安打・四死球8…数字や結果だけからしまらない内容の試合だったと評する人も中にはいらっしゃるでしょう。

でも、35度を越えるモーレツな暑さ(おそらくグラウンドでは40度以上)の中で、これだけ短期間に何試合戦わなければならない選手達にしてみれば、疲労度も緊張感もおそらくピークに達している(特に投手陣)に違いありません。

そんな中でも、負けたら終わりのトーナメントで試合をしている以上、選手の皆さんのプレイはその時点でのベストプレイであり、持てる力をフルに出し切ったプレイなんだと思います。

そんな選手達のベストプレイをそのまま受け入れて、私は声援を送りたいと思っています。

…というわけでベスト8が出揃い、もうすぐその第1Rが始まろうとしています。

【大会12日目(8/18)】

  1. 関東一 vs 成田
  2. 興南 vs 聖光学院

【大会13日目(8/19)】

  1. 九州学院 vs 東海大相模
  2. 報徳学園 vs 新潟明訓

…ここからまた高校野球オヤジの戯言です。

甲子園出場校の多くが目標としている「ベスト8」。 毎年思うのですが、3回戦終了後に1日休養日を設けられないのでしょうかねぇ。

炎天下・猛暑の中連戦が続く選手達の疲労回復や体調管理という意味もありますが、「ベスト8進出」の喜びの余韻をかみしめる日を8強進出のご褒美として選手達にあげてもいいような…。3回戦終了後1日休養日を設け昔のように準々決勝4試合を1日で行うことはできないのでしょうかね。

そしてもし可能ならば準々決勝の翌日は休養日に。そして準決勝は炎天下を避け第1試合は16時、第2試合は18時30分に試合開始。準決勝の翌日は休養日とし、決勝は18時試合開始のナイトゲームで!!(会社をサボらずに堂々とテレビ観戦できるので、一石二鳥!)

準々決勝・準決勝・決勝と晴れの大舞台のクライマックスで戦う選手達には、ベストコンディションで試合をしてほしいですからねぇ。

考えが甘いかな?

|
|

« 大会11日目、ベスト8をかけた戦い。 | トップページ | 準々決勝! ~大会12日目~ »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/36223207

この記事へのトラックバック一覧です: 東京一は関東一 ~大会11日目・第2試合~:

« 大会11日目、ベスト8をかけた戦い。 | トップページ | 準々決勝! ~大会12日目~ »