« 来春を目指して、夏の猛暑の中、秋季大会を戦う。 | トップページ | 栄冠は興南に輝く ~第92回全国高校野球選手権大会・決勝~ »

準決勝 ~大会13日目~

準決勝・第1試合

  興南 000 031 200   =6
  報徳 140 000 000   =5

準決勝・第2試合

  東海 201 043 001   =11
  成田 005 100 010   = 7

第2試合は全く見ることができませんでしたので第1試合の感想だけ。

興南は強い!

疲れから変化球の決まらない島袋君は立ち上がりに5点を許したものの、直球主体に切り替えてから立ち直り、その後は報徳打線を0封。

試合の流れが興南にドドドッと傾いたのは5回表。

それまで報徳・大西投手を打ちあぐねていた興南打線、先頭の島袋君がセンター前ヒットで出塁。そしてこの次のプレイがこの試合の流れを一気に変えたのではないかと思います。

9番大城君の放った打球はサード左横の強烈なゴロ。

三塁手がこれを好捕、すぐさまセカンドへ送球、ダブルプレイかと思った瞬間、その送球は大きく逸れライトまで達する悪送球。…2死走者無しのはずが、無死1・3塁となってしまいました。

このプレイで活気を取り戻し勢いに乗った興南の一気呵成の集中打はご承知の通り。試合の流れがガラッと変わった非常に大きなプレイだったと思います。

でもさすが報徳。最後の最後まで春の王者・興南を苦しめた戦いぶり、お見事でした。

ということで、本日は決勝戦。興南vs東海大相模というカードとなりました。両校とも興南・島袋君、東海大相模・一二三君という好投手を擁するチームなので投手戦になるのでは?という予想がたっていますが、私は点の取り合いになるような気がします。

昨日の試合の立ち上がりの島袋君の様子をみると想像以上に疲労がありそうで、強力・東海打線を完全に封じ込めるのは難しそう。一方、一二三君の制球にはやや難があり、不用意な四死球から足を絡めた興南の一気呵成の攻撃を食らう恐れも…。

以上が点の取り合いとなる根拠ですが、ここまでくると気持ち・精神面のウェートが大きいので、あまりアテにはなりそうもないですね(苦笑)

試合予想はズバリ9-6で東海大相模の優勝。…何の根拠もありません。

ということで、決勝戦。

素晴らしい試合となりますように。

|
|

« 来春を目指して、夏の猛暑の中、秋季大会を戦う。 | トップページ | 栄冠は興南に輝く ~第92回全国高校野球選手権大会・決勝~ »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/36277650

この記事へのトラックバック一覧です: 準決勝 ~大会13日目~:

« 来春を目指して、夏の猛暑の中、秋季大会を戦う。 | トップページ | 栄冠は興南に輝く ~第92回全国高校野球選手権大会・決勝~ »