« 長崎日大vs北照戦 ~大会3日目・第3試合~ | トップページ | 大分工vs延岡学園戦 大会5日目・第1試合~ »

報徳学園vs砺波工戦 ~大会4日目・第1試合~

名門・報徳学園に挑む初出場の富山・砺波工。一方報徳も12年前(第80回大会)の選手権1回戦で富山代表・富山商に大逆転負け(4-8)を喫っしており、その雪辱に燃えています。

試合は最後の最後まで1点を争う白熱の好ゲームとなりました。

9回表、3-2で報徳1点リードで迎えた砺波工の攻撃。

1死後、9番・斎藤君が左中間を破る2塁打を放ち一打同点のチャンス。打順は上位打線へと繋がります。1番・南部君はショートゴロ。このゴロで3塁を狙った斎藤君にショートからの送球が当たり(記録はショートのFC)1死1・3塁とチャンスが広がります。2番・吉田君が一邪飛、3番・中山君が四球を選び、打席には4番・上田君。

1点差、2死満塁。マウンドには報徳のエース左腕・大西君。打席には砺波工の主砲・上田君。

初球は真ん中低めのスライダーでボール。

2球目、インローへのスライダーを上田君が空振り。

3球目、インローへのスライダーを上田君が空振り。

4球目、4球続けてのスライダーを上田君がファウル。

カウントは、1ボール2ストライク。

そして5球目。

大西君の渾身の一球は、136kmのインローへの切れ味抜群のストレート。

強振した上田君のバットは…空を切る!

…しびれましたねぇ。エースvs主砲、力vs力、意地vs意地のガチンコのぶつかり合い、これ以上ない力の入った本当に見応えのあった9回表の攻防でした。

両校とも、ナイスゲーム!! 

健闘に心から拍手を送りたいと思います。

  砺波 000 020 000   =2
  報徳 000 111 00X   =3

|
|

« 長崎日大vs北照戦 ~大会3日目・第3試合~ | トップページ | 大分工vs延岡学園戦 大会5日目・第1試合~ »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/36111410

この記事へのトラックバック一覧です: 報徳学園vs砺波工戦 ~大会4日目・第1試合~:

« 長崎日大vs北照戦 ~大会3日目・第3試合~ | トップページ | 大分工vs延岡学園戦 大会5日目・第1試合~ »