« 制度とはいえ…。 | トップページ | ノム・センライン。 »

まだ1試合だけですが…。

セ・CS2ndステージが開幕しました。

(私はDよりも、どちらかといえば長男がファンであるG寄りの立場であります。)

第1戦はご存知の通り5-0でDの勝ち。

荒木・森野・ブランコがキッチリ打ち、チェン→高橋→浅尾→岩瀬がキッチリ抑えるという普段通りの野球をして快勝したD。

一方試合前のアクシデントで坂本欠場とはいえ1番に急遽脇谷を(シーズン終了間際でテストした長野ではなく)、2番にシーズン中ほとんど2軍で暮らした亀井を、初経験の中3日での東野の先発起用…。

ナゴヤドームではシーズン中9連敗ということもあったのでしょう、何とかしなければという想いが空回りしたような、どうしてもヨソイキ感が否めなかったG。

シーズン通りの戦い方を選んだ落合監督、短期決戦での戦い方を選んだ原監督。監督がその時ベストだと考えてのチョイスだったと思いますので、あーだこーだ作戦批判するつもりは毛頭ありません。

結果として落合式が初戦をモノにしたということです。

…でも、この1勝の意味は大きかったと思いますよ。

タイガースを連勝で下し勢いに乗るGだけに、この奇襲のような作戦が見事にハマって昨日の試合を快勝していたら、ますます手がつけられなくなって一気にDを寄り切ってしまったかもしれません。

ところが、そんなGの勢いを正面でドーンと受け止め、普段通りの正攻法の戦い方で寄り切ってしまった…。

「CSだからといって特別なことをしなくても普段通りの野球をしさえすれば何ら怖いことはない」という意識を、D選手の中に植え付けることができたという点において、昨日の試合内容は1勝以上の価値があった勝利だったと思います。

一方のGは、中3日でぶつけたエースで勝てない=奇襲も通じない、坂本欠場=正攻法でも戦えない、僅か1試合で精神的には窮地に追い込まれてしまいました。

ということで、D2勝となったCS。

個人的には4勝1敗(もしかすると0敗)でDの勝ち抜けと予想しますが、どうでしょうかね?

|
|

« 制度とはいえ…。 | トップページ | ノム・センライン。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/37327569

この記事へのトラックバック一覧です: まだ1試合だけですが…。:

« 制度とはいえ…。 | トップページ | ノム・センライン。 »