« まだ1試合だけですが…。 | トップページ | 突破、敗退。 »

ノム・センライン。

最近プロ野球の話題を多く取り上げていますが、そのついでといっちゃあなんですが、あのお話も。

(ただしあくまで個人的な戯言ですから、本当のことはわかりませんのであしからず…)

楽天新監督に星野仙一さんが就任することがほぼ決定したようです。

楽天・三木谷さんは、イーグルス強豪への青写真を、「タイガース復活」をお手本にしたかったのではないでしょうかね。

つまり、「ノムさんがチームの土台を作り、センさんで仕上げする。」ということ。

2005年新球団立ち上げの際、ノムさんに監督就任要請したけど、当時アマ監督だったノムさんの身辺整理がつかない…ということで、翌年からの監督就任を確約し田尾さんを1年間の暫定監督に据えた。

翌年、3年契約の田尾監督をあっさり切って捨て、満を持してノムさん登場。

期待通りにチームの基礎をつくり順調に強化を推し進めたノムさんだが、球団側は当初の青写真どおりに解任。センさんに仕上げを任せたいと思う球団側と、大変なトコ(チーム育成)だけ背負わされて美味しいトコをかっさらわれてしまったタイガース監督時代の二の舞だけは御免だというノムさんの意地とのぶつかり合いがあのゴタゴタ劇。

最終的にノムさんが折れ、さあいよいよセンさん…ということにはならなかったのは次の理由。

  1. 球団側も予想だにしなかったイーグルスの快進撃+ゴタゴタ劇で、ノムさん監督解任に同情票が集まったこと。
  2. 周りの目や世間体を異常に気にするセンさんとしては「乞われたので、意気に感じて」という形で監督就任したかったのだが、こういう波風たった状況下でタイガースSDという立場を捨ててまでの就任には気乗りしなかった。
  3. タイガース監督時代も、「名監督なんていわれているけど、ノムさんが育てた選手を使って優勝したんじゃないか」という陰口を叩かれまくっていただけに、ノムさんからの直接的な政権移譲という形は避けたかった。

ということで、大抜擢されたのはカープ監督を辞めたばかりのブラウンさん。外国人ゆえ契約で如何様にもなるし、カープ時代も何がやりたかったのか全くわからない特徴なき方針・采配(←カープファンの皆さん、お許しを…)だったゆえ、ノムさんが育てたチームに変な手垢をつけることなくセンさんに引き継ぐことができるという、球団側の思惑と見事に合致したまさに最適任者だったわけ。

案の定、ブラウンさんは1年で解任。

ノムさん騒動が収まり、ブラウンさんは成績不振の責任をとって解任、球団再建の為に、とすべての条件が揃った今年、「常勝タイガースへと復活させた手腕を評価して是が非でもイーグルスに!」という、表面上は球団側の熱き熱情にほだされて現場復帰を決意したというセンさんが思い描く理想のストーリーで、イーグルス監督に就任…。

ノム4年・セン1年目の5年目から勝負!というノム・センライン(予定より2年ほど回り道しましたが…)は、三木谷さんが球団を持った時から腹の中に決めていたチーム強化プランだったのでしょう(いいのか悪いのかわかりませんが…)。

つまりノム・センラインは、規定路線の出来レースだったということ。

さあ、見ものですね。

打倒巨人一筋・セントラルしか経験したことのないセンさんが、パリーグのガチンコ勝負の野球で結果を残すことが出来るのか?

まあ、魅力的な選手はたくさんいますけど、少なくとも私は来年のイーグルスにはあまり期待しないです。

個人的には2匹目のドジョウはいないと思いますので…。

|
|

« まだ1試合だけですが…。 | トップページ | 突破、敗退。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/37339969

この記事へのトラックバック一覧です: ノム・センライン。:

« まだ1試合だけですが…。 | トップページ | 突破、敗退。 »