« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

初戦突破!

塾高蹴球部、執念の逆転勝利!

全国高校ラグビー選手権大会にBシード慶応義塾が登場、長崎北陽台と2回戦を戦い17-15で勝利、国学院久我山との元日決戦にコマをすすめました。

厳しい戦いでした…。

前半は12-0でリードを奪ったものの、後半は北陽台に攻め込まれ5分、14分と2本のトライを奪われ12-12の同点に。そして後半26分にはPGを決められ残り4分というところで12-15とリードを奪われる非常に厳しい展開となります。

ところが塾高蹴球部は最後の最後まであきらめず、試合時間の残りわずかとなった後半30分、最後のチャンスであろう敵陣ゴール前のモールをそのまま執念で押し込みトライ!

17-15と土壇場で大逆転に成功、見事初戦突破を果たし3回戦進出を決めました。

よかった、よかった…。

さあ、国学院久我山戦!

新年一発目、今度こそ胸のすくような快勝を期待したいですね。

.

.

ということで、この記事をもちまして2010年の「Mスポ」は締めさせていただきたいと思います。

年後半から仕事だけでなく家庭内でもやらなければならない事が立て続けに起き、なかなか落ち着いてブログに取り組むことが出来ませんでした。これまでほぼ毎日、ライフワークのように更新していただけにちょっと悔いが残りますね。

2010年は、塾野球部の11季ぶりの優勝、50年ぶりの早慶優勝決定戦、塾高蹴球部の花園出場、少年野球では長男が春季に連盟表彰され、秋季では低学年の部で優勝…などなど、心が踊るような素晴らしいニュースがたくさんありましたが、じっくり振り返る時間もなく、毎年恒例の「Mスポ的10大ニュース」も今年は出来そうもないです…。

来年も年始からしばらくの間はこの慌ただしい状況が続きそうですが、必ずや時間を見つけて、Mスポを書き続けていこうと思います。

「時間はあるものではなく、作り出すもの」

「継続は力なり」

来年もどうぞこれまで同様ご高配賜りますよう心よりお願い申しあげます。

.

皆様、1年間ありがとうございました。

来るべき2011年が皆様にとって素晴らしい年でありますことを心より祈念いたしております。

それでは皆様、よいお年をお迎えください!

            2010.12.30

               Mスポ管理人 すーさん

 .

※ 新年は1月6日ごろから再開したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年初冬 慶應義塾のラグビー その4

7-38。

25日(土)に行われた東日本大会3位決定戦。

健闘あと一歩及ばず、普通部ラグビー部はこのスコアで桐蔭学園中に敗れ、4位となりました。

そして、昨日の全国大学ラグビー準々決勝。

塾蹴球部は帝京大にこのスコアで敗れ、大学日本一の夢は叶いませんでした。

くしくも同スコアで敗戦とは…。

でも、東日本4位、全国ベスト8ですよ。慶應義塾の「魂のラグビー」は、存分に発揮されたと思います。

健闘、大いに讃えたいと思います。

ということで、いよいよ塾高蹴球部が30日に、満を持して花園に登場です。

兄・弟が成し遂げられなかった日本一の夢は塾高に引き継がれました。兄弟の分までグラウンドで大暴れして、ラグビーの日本ルーツ校としての誇りと意地を、慶應義塾の魂のラグビーの真髄を、みせつけてやりましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

普通部ラグビー部、残念!

東日本大会ベスト4進出中の慶應普通部ラグビー部、昨日秋田北中学校との準決勝が行われました…。

結果は7-38で敗退。

残念ですが25日に熊谷(11時30分~)で行われる3位決定戦、vs桐蔭学園中学校に勝って、是非とも3位の座を掴み取りましょう!

頑張ってください!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年初冬 慶應義塾のラグビー その3

快勝です!

全国大学ラグビー選手権1回戦で、塾蹴球部は近畿大学に43-7で勝利し2回戦へコマを進めました。

2回戦は、26日(日)14時から秩父宮にて、強豪・関東学院大を39-13で圧倒した赤い軍団・帝京大学との対戦が決まりました。今季の対抗戦では塾蹴球部が勝利をモノにしましたが、昨年度大学王者・帝京もきっとリベンジに燃えていることでしょう。

激戦必至!

塾社中結集して勝利の念を秩父宮に送り続けましょう!

.

さて花園出場を決めている塾蹴球部ですが、Bシードに選ばれ2回戦から登場です。遠軽vs長崎北陽台の勝者と、12月30日13時15分から近鉄花園ラグビー場第1グラウンドで初戦を戦います。ベスト8のヤマに国学院久我山や仙台育英など、強豪がひしめく激戦ブロックとなりましたが、まずは初戦を勝たなければ始まりません。

1戦必勝!

必ずや元旦のグラウンドで暴れまわるタイガージャージの勇姿を見せてください!

.

そして普通部ラグビー部。神奈川第1代表として東日本大会に出場。初戦の玉川学園(東京4位)に28-10、準々決勝の清真学園(茨城・千葉2位)に19-7と勝利し、ベスト4進出中です。

準決勝は12月23日(祝)秩父宮にて11時キックオフ! 対戦相手は1回戦60-0、2回戦55-0という圧倒的な力を見せつけて勝ち上がってきた秋田北中(秋田1位)です。

こちらも激戦必至ですね。

東日本大会初戦で惜しくも敗れてしまった中等部ラグビー部の分まで頑張って、そして兄貴達のケツをたたいて叱咤激励する意味においても、東日本大会制覇を心から期待しています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さあ、キックオフ!

いよいよ全国大学ラグビー選手権大会が開幕します。

塾蹴球部は、本日花園にて12時から近畿大学と初戦を戦います。

魂のタックルを炸裂させて、大学日本一の栄光への第一歩をしっかり踏みしめましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

つば九郎のヘルメット。

スワローズの球団マスコット「つば九郎」が契約更改に臨み、8960円+ヤクルト飲み放題で合意に達したとのこと。

つば九郎は大台の1万円を狙っていたそうですが、「子供を泣かしてしまったこと」、「ペンギンに間違えられたこと」がマイナス査定となり、8(ヤ)9(ク)6(ル)0(ト)円に留まったらしいです。

来季の目標は「ちーむめーとと、びーるかけしたい」そうです。

つば九郎クン、頑張ってください。

それにしても、つば九郎クンのヘルメットって、ぬぐことが出来るんですねぇ。

びっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

高校サッカー大宮問題。

正月恒例の高校サッカー選手権大会で、大宮にあるNACK5スタジアムで行われる1~3回戦の計6試合に対して、声だしやブラスバンド等の集団的応援を禁止するという通達が出されたそうです。同会場を使用した埼玉県大会準決勝の際に近隣住民から騒音等の苦情が寄せられたことがその原因らしいです。

「連日連夜というわけではないし全部でたった6試合なんだから…」という主張も理解できるし、確かに「正月くらいは静かに過ごさせろ!」という住民側の主張もよくわかる…、なんとも難しい問題ですね。

最近は小学校の運動会や、保育園の園庭で元気に遊びまわる子供達の声にも「うるさい」と苦情を申し立てる方がいらっしゃると聞きます。私の家も小学校がすぐ近所にありますが、子供がうるさいのは当たり前だし、むしろ元気なのは喜ばしいことで、ちっとも不快に思ったことはありません。

でも正月くらいはなぁ…。

1月1日にドンガン運動会やられたら、やっぱりちょっと嫌かな。

サッカーはあまり詳しくないんですけど、NACK5スタジアムってJリーグ・大宮のホームグラウンドでしたよね。その試合の時はどうしているんでしょう。普段から鳴り物とかは禁止なんですかね? もしそうならばブラバン演奏できないっていうのもわかりますよね。

試合中の歓声は、うるさくてどうしようもないくらいのレベルなんでしょうか? それとも試合そのものではなく、試合前後の場外に詰め掛けた応援の皆さんのマナーが悪かったのでしょうか? いったい何を指して「うるさい」という苦情だったんでしょうか?

それとも、一部熱狂的サポーターが燃えているだけで、普段からあまりサッカーに対していい思いをしていない人が多いってことなんでしょうか?

…事情がよくわからないんですけど、やっぱり何かちょっと淋しいですね。

あくまでも個人的な意見を書かせていただきます。

どの高校が試合をするかまでは知りませんけど、この夢の舞台への出場を果たした選手たち、その選手達を純粋に応援したいという同じ高校の生徒達のことを考えると、ちょっと可哀相な気がしますね。

6試合か…。

開始時間をずらして他会場のスケジュールに組み込むとか、予備日を利用するとか、手配できるならば別会場を用意するとか、なんとかやりくりして、歓迎されていない大宮での試合を諦め、歓迎してくれるグラウンドで試合を行うことが、高校生達にとっても、近隣住民にとっても現状では最善の策なのでしょうね。

でも本当は、「今まで大宮でやってきたから…」という事実に甘えずに、事前に主催者側と近隣住民が徹底的にきちんと話し合って、憧れの舞台に立つ高校生たちを心から歓迎して温かく迎え入れてあげる態勢を整えておくことが最も大事なことなんだと思います。

なんかとても淋しい気持ちになったニュースでしたね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

慶應志木、21世紀枠候補校に選ばれず…。

来春センバツの21世紀枠の埼玉高野連推薦校の慶應志木ですが、昨日日本高野連から発表された21世紀枠候補9校には、残念ながら選ばれませんでした。

こうなったら来年の夏、埼玉王者として甲子園に乗り込めるよう頑張ってくださいね!!

ということで、9校は次の通り。

北海道…遠軽
東北…大館鳳鳴(秋田)
関東・東京…大田原(栃木)
東海…松阪(三重)
北信越…佐渡(新潟)
近畿…守山(滋賀)
中国…総合技術(広島)
四国…城南(徳島)
九州…西都商(宮崎)

来年1月28日に行われる選考委員会にて3校が選出されることになっています。

9校の皆さんは、ハラハラドキドキ落ち着かない年末年始になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

戦力外なのに。

ファイターズから戦力外通告された多田野投手、再びファイターズが再雇用するとのこと。

なんかおかしなことになってますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

意外と似合う。

ファイターズ入団会見での斎藤佑樹君のユニホーム姿、意外と似合ってましたね。

福井君のカープ、大石君のライオンズのユニホーム姿も…。

まあ、早稲田のあの伝統のシンプル・ユニホームを着こなしていたんですから、カラーもデザインもちょっと派手目なプロユニホームを着こなせないはずはないか(笑)。

これからがいよいよスタートですね。

思う存分暴れまわり、プロ野球界を盛り上げていってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ちょこちょこ。

師走になって急にバタバタしてきました。

なかなか腰を据えて記事を書けそうもありません。

ちょこちょこ更新するしかなさそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年初冬 慶應義塾のラグビー その2

12月4日(土)秩父宮で行われた関東大学ラグビー対抗戦A・慶應義塾vs帝京戦は、5トライを挙げた塾蹴球部が35-20で快勝しました。

自陣からキックをボールをまわし、拠点を作ってはボールを展開、再び拠点、そして展開…、ジワジワ敵陣に攻め込みトライ!昨年度大学王者・帝京相手に見事な戦いでした。

昨日の早明戦で早稲田が31-15で明治に勝利し、3校が6勝1敗で並びましたが、当該校対戦時の得失点差により早稲田が優勝、塾蹴球部は惜しくも2位となりました(でも、優勝校・早稲田に勝ったのは塾蹴球部だけ。実質優勝!と勝手に思い込んでおります)。

このいい流れのまま大学選手権に臨み、ライバル各校を蹴散らし、是非とも大学日本一の座を掴み取ってほしいと思います。

さて、4日は第90回記念の全国高校ラグビーの組合せも決まりました。神奈川第1代表の塾高蹴球部はシードとなり2回戦から登場。初戦の相手は遠軽vs長崎北陽台の勝者です。いきなり厳しい戦いになりそうですが、勝ち上がっても8強までヤマの中に仙台育英・国学院久我山などそうそうたる強豪が名を連ねており、全く息が抜けないブロックとなりました。

今年の年末年始はおコタに当たりながら、タイガー軍団の活躍する姿を肴にしながら、楽しくおいしいお酒を飲もうと思っております。

1日でも長くその楽しいお酒を飲み続けられるように、是非とも最後の最後まで勝ち上がってほしいと思います。

もちろん締めは「日本一」という歓喜の美酒で祝杯です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

帝京との決戦。

心が震えた11月23日のラグビー早慶戦。

塾蹴球部が勝利したことで、優勝争いは早慶明の3校に絞られました。

明日、早明が激突。そして今日、塾蹴球部は昨年度大学王者・帝京との決戦です。

早稲田に勝ってもここで負けては意味がありません。

体内に流れる熱き若き血を燃えたぎらせ、赤きジャージに魂のタックルを炸裂させてください!

絶対に、勝つ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

星野式大補強。

あっという間に残り1ヶ月。今年も早かったですね~。

しばらく野球と関われない生活を送っていましたが、その間に楽天が凄いことになってますね。メジャー帰りの岩村・松井稼らを獲得、これでもか!っていう大補強の真っ最中です。

確か星野監督の阪神監督就任時もこんな感じでしたよね。

実力ある選手を獲得しチームの立て直しを図るという星野式方針はわかりましたけど、ここまで育ち芽が出てきた楽天生え抜き選手達がちょっと勿体無いような気もします。

ようやく楽天というチームの特徴というか戦い方というかカラーのようなものが見え始めてきた感じたったんですけど、これじゃちょっと前の金満球団Gみたい…(苦笑)。

凄い選手が9人揃っていても野球は勝てませんよね。個々の点を線としてつなげ面として広がりを持たすことが出来なければ…。

ビジョンなき補強は危険と隣り合わせ。

楽天来シーズンの鍵は、補強組と生え抜き組が融合しチーム一丸となって戦うことができるか?

星野監督の手腕が見ものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »