« 覇者ワセダ。 | トップページ | 予想はしてましたが…。 »

やばいなぁ。

やばいなぁ…。

中学受験のために塾へ通っている長男が「僕、早稲田に行きたい。」と言い出しました。意中の学校はどうやら早実。我が家の野球小僧にとって、強い早稲田のあの白とエンジのユニホームを着てプレイすることは、「夢」であり「憧れ」らしいのです。

早実・早大を通して斎藤佑樹君の活躍でメディアの注目をが集まる一方で、東京六大学・早慶戦観戦につき合わせたり、センバツ甲子園で早慶揃い踏み…。そう考えてみると、長男の野球人生(まだ5年くらいですが…)においては常に「人気・実力ともにNo1の早稲田」の存在がすぐそばにあったわけです。

私が塾の応援に彼を巻き込むことで、早稲田の宣伝をしていたということになるんですねえ(苦笑)。でも、まさか早稲田とはなぁ…。

「お前が通いたいと思う学校ならどこだっていい。」とは言っていましたが、塾出身の私としては胸中複雑ですね。

それでも表面上は冷静を装いながら、「早実は超難関校、今まで以上にしっかり勉強もしないと受からないぞ。」と話しておきましたが、「勉強も今まで以上にしっかりやる。野球も頑張って続ける。」とキッパリ。

決意は相当固い様子。

なるほど、それで今年の目標を「文武両道」としたのか…。

話の最後の最後に「…で、慶應はどうなの?」と聞いてみたのですが、「慶應もいいんだけど、早稲田の方が強いしなぁ…」ですって。

慶應義塾体育会の皆さん、今年こそ頑張って早稲田を叩き潰し、「強い慶應義塾」を見せつけてやってください。

お願いします。

|
|

« 覇者ワセダ。 | トップページ | 予想はしてましたが…。 »

スポーツ」カテゴリの記事

少年野球」カテゴリの記事

慶応義塾」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

息子ではないですが、私の場合は甥がそうでした。大学時代の早慶戦、当時小学校で野球をやっていた甥を初めて神宮球場の応援席に連れて行き、勝利して優勝もしました。ところが、公立の進学校で投手をしていた奴は早稲田を受験して合格。残念ながら神宮のベンチ入りは叶わなかったのですが、結婚の仲人が西大立目先生でした。これは後日談ですが、「あのときのワセダの応援が素晴らしかったから」と言っていたのを思い出しました。古今東西子どもとはそんなものなんですね。心中お察しします。

投稿: kktf | 2011年1月14日 16時17分

kktfさん、コメントありがとうございます。

なかなか思うようには行かないですね(笑)。

冷静になってみれば、ここのところの学生スポーツはずっと早稲田が強かったですし、六大学野球だって斎藤君の人気が抜けていたし、息子が早稲田のユニホームを着て野球したい!っていうのはごく自然なことなんですよね。特に少年は強いチームに憧れますから…。

今年は息子を心変わりさせるような、また少年達が慶應義塾に行きたいと思わせるような、塾体育会の活躍を大いに期待したいところですね。

また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2011年1月15日 13時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/38415333

この記事へのトラックバック一覧です: やばいなぁ。:

« 覇者ワセダ。 | トップページ | 予想はしてましたが…。 »