« 偏ってるなぁ。 | トップページ | 諦めない。 »

置き土産。

「週刊Mスポ」です。(苦笑)

なかなか更新できませんねぇ…。

先週の土曜日、少年野球連盟主催の6年生壮行大会1回戦が行われました。今春卒業する6年生が出場する最後の大会ということで、応援に駆けつけたかったのはヤマヤマだったんですけれども、土曜日ゆえ仕事がありまして…。

夜、ベンチ入りしていた長男に試合の様子を聞いてみました。

地区№1という呼び声の高い投手を擁する都大会上位進出の経験もある強豪チームとの対戦。先発したそのエースが初回からビシビシと速球をコーナーに決め、我が攻撃陣は何もさせてもらえなかったそうです。1回裏に放った安打1本のみ、選んだ四死球は0、相手守備陣は無失策、当然得点は0のまま。

ところが我がチームのエースも絶好調、相手超強力打線を無安打・無四死球に押さえ込み、7回終了までノーヒットノーランを継続する快刀乱麻のピッチングを披露、試合は0-0のまま7回が終了。

大会規定により延長戦がないため、無死満塁の状態からプレーを開始するというサドンデスが行われることになりました。この大会でサドンデスが行われるのは20年ぶりだそうです。

…勝負はあっけなくついたそうです。サドンデス1回表、我がチームのエースが与えたこの試合初めての四球が痛恨の押し出しとなり、これが決勝点。6年生にとっての最後の試合は惜敗となりました。

.

試合終了の瞬間、両チームの保護者応援団だけでなくその試合を観戦していた皆さんから、両チームの健闘を讃えた拍手が巻き起こったそうです。

優勝候補相手に堂々と渡り合い、互角に戦った素晴らしい内容の試合だったんですから、1回戦敗退を恥じることはないですよ!

胸を張って堂々と1回戦敗退を誇りましょう!!

…仕事抜けだしてでも、応援に駆けつければよかったかなぁ。

.

現6年生は、長男が小1で入団した時に低学年チームの3年生でした。

その頃は、3回持たずに20点差つけられてコールド負けなんていう試合ばかりしていたのに、ここまで逞しく頼りがいのある立派な野球少年に成長した6年生の姿に、ちょっと感慨深いモノを感じましたね。

最後の試合で惜しくも敗れてしまいましたが、この試合を通じて勝ち負け以上の何か大切なモノを6年生たちは心に感じてくれたと思います。そして「その何か」はベンチ入りしていた4・5年生、試合の応援に駆けつけていた低学年チームのマメ達にも充分に伝わったと確信しています。

素晴らしい置き土産を残して言ってくれた6年生に感謝したいですね。

どうもありがとう。

…ということで明日、新チームによる最初の大会の1回戦が行われます。相手はこれまた強豪らしいですが、6年生が示してくれたお手本をしっかり実践し、今持っている力をフルに発揮して思いっきり熱く戦いましょう!

期待してます。

|
|

« 偏ってるなぁ。 | トップページ | 諦めない。 »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/39021190

この記事へのトラックバック一覧です: 置き土産。:

« 偏ってるなぁ。 | トップページ | 諦めない。 »