« 諦めない。 | トップページ | 2011年春、東京六大学リーグ日程決まる。 »

尾藤公さん、逝去。

箕島高校野球部を率いた尾藤公さんが68歳でお亡くなりになられました。

春夏あわせて14回の甲子園出場、春3回・夏1回の優勝を飾った名将ですが、それ以上に、私の脳裏には1979年夏の選手権3回戦での星稜との延長18回の高校野球史上に残る激闘が強烈に焼きついています。甲子園のスタンドでこの試合を観戦していた時から30年以上の月日が経つというのに、目をつぶるとあの時の激闘が今でも鮮明に蘇ってくるのです。

小学生だった私が、野球というスポーツを知り、野球の面白さを味わい、野球の醍醐味を心から堪能し、野球に憑りつかれていったすべての始まりは、この「箕島vs星稜、延長18回」でした。それだけに、この訃報はショックでした。

長期にわたるガンとの戦いを「命の延長戦」と語り、最後の最後まで戦い抜かれたのですが、ついにゲームセットの時がきてしまいました。

「尾藤スマイル」はもう見ることはできませんが、尾藤さんが残した有形無形の財産は、後に続く指導者達の心にしっかり刻まれ受け継がれていっていると思います。

尾藤公さん、どうぞ安らかにお眠りください。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

.

.

『伝説の「箕島vs星稜 延長18回」、再び…。』

 http://m-supo.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-01e6.html

|
|

« 諦めない。 | トップページ | 2011年春、東京六大学リーグ日程決まる。 »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/39137106

この記事へのトラックバック一覧です: 尾藤公さん、逝去。:

« 諦めない。 | トップページ | 2011年春、東京六大学リーグ日程決まる。 »