« 慶應湘南藤沢野球部監督、交代。 | トップページ | 次男、小学校入学式。 »

野球の底力。

センバツは、東海大相模が縦縞対決を制して見事優勝!

 東海大相模  6-1  九州国際大附

優勝おめでとうございます。

京浜対決は実現しませんでしたが、神奈川代表の東海大相模が優勝してくれたことは本当に嬉しいです。

…冷静になって考えると、塾高の夏の神奈川制覇を阻む壁が、また一段と高くなったということにもなるんですね(苦笑)。

.

このところの高校野球では「勇気や元気、感動を与えられるように。」という文言がやたら耳につき、アマノジャクの私は「感動や元気は与えるモノじゃなくて、見る側が自分の経験や立場に重ね合わせてそれぞれが勝手に感じるもの。まだ高校生なんだからそんな大そうな事考えずに一生懸命野球やればいいじゃないか。」と思うことがシバシバでした。

でも、今回ばかりは心底感じましたねぇ。

野球は単なる1スポーツに留まらない、様々な状況・立場にいる人々の心・魂を揺り動かし奮い立たせることのできる、無限の可能性と底知れないパワーを持つ素晴らしいコンテンツであることを。

被災地の高校の健闘に被災された方々が笑顔で応援したり涙する姿が映し出される一方、プレイする側だった東海大相模・佐藤主将の語った「開催を許してくれた被災地の皆様への感謝」という優勝後のインタビューでの言葉…。

開幕前は心に引っ掛かりがありどうしても素直に開幕を支持できなかったのですが、今では「開幕してよかった。絶対によかった」と確信しています。

.

先般行われたNPBのチャリティーマッチでの東北楽天・嶋選手の言葉。

  見せましょう、野球の底力を。
  見せましょう、野球選手の底力を。
  見せましょう、野球ファンの底力を。

まさしく、その通り。

.

…私も負けていられませんね。

  見せましょう! 野球オヤジの底力を!!

|
|

« 慶應湘南藤沢野球部監督、交代。 | トップページ | 次男、小学校入学式。 »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

表彰式を最後までtv見ることはほとんどなかったのですが、今回は地元の優勝ということもあり、最後まで見ました。モスクワオリンピックのボイコットで流した山下選手の涙が浮かびました。幻の代表にならなかったことも、「開幕してよかった。絶対によかった」と思いました。

投稿: マーチ | 2011年4月 4日 21時07分

マーチさん、コメントありがとうございます。

ほとんど満足に試合を見ることができませんでしたが、東海大相模・佐藤主将のあの言葉だけで、このセンバツがいかに有意義な大会であったことが伺えますね。

 「開幕してよかった、絶対によかった!」

今週末から神奈川春季大会も始まります。
今度はこれですかね。

  見せましょう! 神奈川球児の底力を!

また何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2011年4月 5日 15時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/39481683

この記事へのトラックバック一覧です: 野球の底力。:

» 選抜決勝〜東海大相模、圧勝〜 [虎哲徒然日記]
決勝戦も目立ったのは打撃。 東海大相模6−1九州国際大付 相模は左腕・長田先発。これが見事にあたり、強力な左打者を擁した九国打線を封じ込めた。一方、これまで大会を1人 ... [続きを読む]

受信: 2011年4月 4日 19時08分

« 慶應湘南藤沢野球部監督、交代。 | トップページ | 次男、小学校入学式。 »