« 2回戦・帝京vs八幡商業戦。 | トップページ | ベスト8だというのに。 »

2回戦・白樺学園vs智弁和歌山戦。

延長10回8-7で智弁和歌山が逆転サヨナラ勝利という結果にはなりましたが、ノーガードのしまりのない打ち合い、いわゆる乱打戦ではなく、緊迫感溢れる見応え十分の見事な打撃戦でした。

智弁の3投手、1回途中からリリーフの白樺・川越君、持ち味を存分に発揮したピッチングでしたが、両チームのしっかりとした技術に基づくおもいきりの良いバッティングがそれを上回ったといった感想を持ちました。

特に7回表、1-5と4点リードされた場面で飛び出した、白樺・3番小林君の同点満塁ホームラン、8回表の佐々木君の勝ち越しソロホームランの長打攻勢は見事でしたね。

どちらもガップリ四つといった展開でしたが、勝敗をわけたポイントを挙げるとすると、「精度」ということのなるのでしょうか。

勝負強さ・強打ばかりに目が行きがちですが、智弁の攻撃の肝はバントの「精度」の高さにあると感じました。

1回の川崎君、6回の島君(3塁前内野安打に)、川崎君、7回の小笠原君、9回の沼倉君(3塁前内野安打に)、そして3塁手の悪送球を誘発した延長10回の小笠原君の3塁前の絶妙なバント…。

どのバントも投手~三塁手間の絶妙な位置に球の勢いを殺してしっかり転がしたモノであり、その精度の高さは見事としかいいようのない素晴らしいバントばかりでした。

一方の白樺の「精度」。

HRで逆転した直後の8回裏1死後の、完全に打ち取ったショートゴロ。簡単に2死と思った瞬間、その送球が逸れ1死2塁のピンチとなり智弁の同点劇の原因となりました。

そして延長10回裏の、絶妙なバントだったとはいえ、3塁手の痛恨の悪送球。守備、特に送球の精度が、消されかかった智弁の勢いを再び呼び起こす要因になったような気がします。

とはいうものの、両チームの素晴らしい打撃と、最後まで勝負を絶対に諦めずベストを尽くすという姿勢が、画面を通じてビシビシ伝わってくる緊迫感あふれるナイスゲームでした。

こういう試合があるから、高校野球は止められないんですよね(笑)。

.

【大会9日目・第2試合】

 白樺学園 001 000 410 1   =7
 智弁和歌 200 102 010 2x  =8

|
|

« 2回戦・帝京vs八幡商業戦。 | トップページ | ベスト8だというのに。 »

野球」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/41214171

この記事へのトラックバック一覧です: 2回戦・白樺学園vs智弁和歌山戦。:

« 2回戦・帝京vs八幡商業戦。 | トップページ | ベスト8だというのに。 »