« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

あ~、つまらん。

ベイスターズ、ドラゴンズの新ユニホームが発表されました。

…個々に見ればそれなりにいいとは思いますけど、ここ数年モデルチェンジしたチームはなぜ揃いも揃って紺基調なんでしょう???

ライオンズ、バファローズ、そしてベイ&竜…。

ライオンズブルー、パステルネイビー、マリンブルー、ドラゴンズブルー、それぞれのチームが持つカラーっていうものがあり、どうアレンジするかが楽しみだったんですけど、みんな似たような、同じようなカラーになってしまい、正直つまらないですね。昔(50年代~60年代)みたいにみんな同じようなユニホームになっちゃうじゃないですか…。

新ユニホーム発表っていうとワクワクしたもんですが、最近は「つまらん!」と思うことが多いですね。

あっ、個々に見ればいいとは思うんですよ。個々に見れば…。

今季は予定はされていませんが将来、カープまでが赤を捨てるなんてこと…、まさかそんなことしないですよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

寒さに負けるな!

日曜日、少年野球の練習に行ってきました。この日は監督・コーチ陣は1年に1回行われる「もぐら叩き大会」のため、コーチは私を含めて5人しかおらず、日頃別々に練習している高学年・低学年をまとめて面倒見ることとなりました。

強烈に寒かったですね。もぐら叩きに行かれた皆さんも、グリーンなんかカチンコチンで、ボールが大きく跳ねちゃってナイスオンできなかったりして…(笑)。

さて、普段の練習ではあまり見ることのない長男ですが、久しぶりに彼の動き見て、結構しっかりしてきたなぁと感心しました(昨日の練習中はそんな言葉は一切口にしませんでしたけど…)。力強さというか、逞しさというか、華奢な部分がなくなり、大分一丁前の野球小僧らしくなってきたように感じました。

これも高学年チームの監督・コーチの皆さんの熱い叱咤激励、懇切丁寧な指導のお陰ですね。心から感謝したいと思います。これからもビシビシやってください。(笑)

一方の次男ですが、兼部している小学校サッカー部の都大会(低学年の部)がありまして、少年野球はお休みとなりました(元々次男はサッカーのほうが好きで、野球は人数不足の為に強引に入部させたといういきさつあり)。

戦果はあまり期待していなかったんですけど、家に帰ってきてから「どうだった?」と聞くと、なんと「優勝」したとのこと。参加12チームを3ブロックにわけ、そのブロックを3戦全勝で1位通過、各ブロック1位の3チームによる決勝リーグでも1勝1分けで見事に優勝ということになったそうです。次男もDFとして全試合出場、相手攻撃を無失点に抑える活躍をしたらしいです。

都大会優勝により3月末に行われる関東大会への出場が決まったとのことですが、とても嬉しいんですけど、次男の気持ちがサッカーに向いちゃいそうで、ちょっと困りましたね~(苦笑)。

まぁ、この強烈な寒さをぶっ飛ばすほど元気に育ってくれた2人の子供の活躍は、何よりも、どんなことよりも嬉しいです。

お父ちゃんも「寒い、寒い」とぼやいていないで、子供達に負けないように頑張らなければいけないなぁと改めて心に思った日曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第84回センバツ出場校、決まる!

第84回センバツ高校野球大会の出場校が決定しました!!

【北海道】

  • 北照 (2年ぶり4回目)
  • 女満別 (初)  ※

【東北】

  • 光星学院 (2年連続6回目)
  • 花巻東 (3年ぶり2回目)
  • 石巻工 (初) ※
  • 聖光学院 (4年ぶり3回目)

【関東・東京】

  • 浦和学院 (2年連続8回目)
  • 作新学院 (8年ぶり9回目)
  • 高崎健康福祉大高崎 (初)
  • 高崎 (31年ぶり2回目)
  • 関東第一 (4年ぶり4回目)
  • 横浜 (2年連続14回目)

【東海】

  • 愛工大名電 (7年ぶり9回目)
  • 三重 (2年ぶり11回目)

【北信越】

  • 敦賀気比 (2年ぶり4回目)
  • 地球環境 (初)

【近畿】

  • 智弁学園 (11年ぶり8回目)
  • 天理 (5年連続22回目)
  • 履正社 (2年連続4回目)
  • 大阪桐蔭 (2年ぶり5回目)
  • 近江 (9年ぶり3回目)
  • 鳥羽 (11年ぶり4回目)
  • 洲本 (26年ぶり3回目) ※

【中国】

  • 鳥取城北 (初)
  • 倉敷商 (22年ぶり3回目)
  • 早鞆 (初)

【四国】

  • 鳴門 (32年ぶり7回目)
  • 高知 (2年ぶり16回目)

【九州】

  • 神村学園 (3年ぶり3回目)
  • 九州学院 (2年連続5回目)
  • 別府青山 (初)
  • 宮崎西 (初)

※は21世紀枠

東日本大震災で大きな被害を受けた宮城・石巻工が21世紀枠で選出、同じく21世紀枠で女満別も選出され、北海道・東北から6校が選出されました。原発被害に遭った福島・聖光学院、明治神宮大会Vの光星学院、岩手のダルビッシュと評されている大谷投手擁する花巻東…、今大会は是非とも北海道・東北勢に大活躍してほしいですね。

神奈川高校野球に注目している私としては、東京2番手の帝京とどちらが選出されるか微妙だった横浜の選出は嬉しい限りです。やっぱり県勢が出場しないと盛り上がれませんからね。

また仙台育英→早大(中退)→ダイエー(現ソフトバンク)に進んだ大越基さんが監督をしている早鞆も選出されましたね。OBの歌手・山本譲二さんもさぞかし大喜びでしょう。

今から開幕が待ち遠しい第84回選抜高校野球大会は3月21日(水)から12日間の予定で行われます。

早く開幕しないかなぁ。胸のワクワク感が抑え切れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

春はセンバツから 2012

本日27日、第84回センバツの出場校が決定します。

毎年ドキドキしますけれど、今年もドキドキしますね。吉報を待つ選手達の方が、もっとドキドキしているんでしょうけど…(笑)。

東京では降雪や最低気温が氷点下になるような厳しい寒さが続いていますが、ワクワクするような球春の到来は、もうすぐそこまでやってきているんですね。

春はセンバツから。

どのような顔ぶれになるか、楽しみですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ダルビッシュの会見。

昨日行われたダルビッシュの札幌ドームでの会見の様子を見ました。

私の個人的解釈では、「ダルビッシュにメジャー行きを決断させたのは、日本にはダルビッシュの投手としての闘争本能を刺激するような打者がおらずはっきりいって欲求不満、その欲求を満たす相手を求めてメジャーへ渡る。」というように受け取りました。(日本人選手への低評価を見返すためとの趣旨の発言もありましたが…)

あってるかな?

ダルビッシュ、自らが語っていた通りの「世界一の投手」とよばれるようになって下さいね!

…NPBの打者達は、情けないと思って下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ロボジー。

金曜日から降り続いたみぞれまじりの雨で、土日の少年野球は中止となりました。

普段、休日は野球三昧で子供達と遊びに行く機会がほとんどありません。こういう日和はその絶好のチャンスということで、急遽どっか遊びに行こう!ということとなりました。

でも、寒いし雨は降っているし…。ということで、長男・次男と3人で映画を見に行くことになりました。

…妻を入れて4人じゃないのか?という疑問にお答えします。

私 「せっかくだから映画でも見に行こうよ。」
妻 「いいわね、何見に行く?」
私 「子供達が一緒だから、怖いのとか、血が噴き出るのはダメだろ。老若男女問わず皆が楽しめるような内容で、3Dじゃないのがいいな。」
妻 「そうね。でもそんな映画、あるのかしら…?」

PCの前でカチャカチャ検索する2人。

私 「…ロボジー??」
妻 「…私、いいわ。3人で行ってきて。」

ということで、3人。(苦笑)

…でも、この「ロボジー」、意外と面白かったですよ。

劇場内も驚きのほぼ満員。客層も子供連れの親子からご年配の方まで幅広い。

まだご覧になっていない方もいらっしゃると思うので内容は書きませんが、ストーリーが単純明快、それでいて映画の中でロボジーが引き起こす一見関係なさそうに見える数々のエピソードが伏線になっていて、最後になって「ああ、あの時の!!」と結びついていくまとめ方は見事でしたね。よく練られた映画だったと思います。

愛嬌のあるクソジジイ役が見事にはまったミッキーカーチス、主役3人の脂肪3兄弟を髣髴させるようなダメダメぶり、竹中直人の異常に存在感のあるわずか5秒の出演シーン、吉高由里子のキレぶりなど、各キャストの快(怪?)演ぶりはなかなかのものでした。

私も、小5の長男も、小1の次男も、2時間ずっとニタニタ・クスクス笑い(大笑いではない)しておりまして、ポテンヒットくらいかな?という期待をいい意味で大きく裏切るライトオーバーの3ベースくらいのよくできた映画でした。(決して大ホームラン!!というような大作ではないです…。)

肩肘張らず、ゆったり、のんびりと楽しみたいと思うならオススメの映画だと思いますよ。機会があったら是非ご覧ください。

…一生懸命野球!ってのもいいですけど、たまにはこういう気分転換もいいもんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

決まる。

ようやく決まりましたね。

レンジャース、ダルビッシュ!

あのノーランライアン氏が球団社長のレンジャースですからね。日本のエースがメジャーでさらなる進化を遂げて、どれだけ活躍するのか楽しみですねぇ。

一方今春のセンバツの行進曲に、AKBなんちゃらの「エブリディなんちゃら」が決まったそうです。まともに聴いたことないんで何とも言えません…。(笑)

もうすぐ出場校も決まります。こちらの方が気になりますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

○○シーズン、到来?

受験シーズン到来。

寒さが続くこの時期、受験生の皆さんは健康に十分留意してほしいと思います。これまで培ってきた実力をすべて出せますように…。健闘を大いに期待しています。

来年はいよいよ長男の中学受験ですね…。

さて、少年野球もこのキョーレツな寒さの中、1日練習を行いました。説明時間やアドバイスが長いと、体が芯まで凍えそうなのでひたすら走るメニューの練習を行いました。マメ君たちはちょっときつかったかな?

でも、見ていた私たちコーチの方が猛烈にきつかったですよ。(笑)

とはいえ、そんなこんなしていても、連盟HPには、春を告げる6年生壮行大会、全日本学童大会予選の組合せが発表となり、徐々にですが春の野球シーズンへの準備が着々と進められています。

球春の到来も、もうすぐですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ポスティングシステム。

今季もメジャー移籍を目指してNPBの選手たちが一生懸命ですが、なかなかすんなり決まりませんね。

スパッと決まったのは岩隈くらい??

青木は入団テストを受けさせられ、中島は「控え内野手なら…」という条件、ダルビッシュも金銭面で折り合いがつかなくて(らしい)で未だ交渉中…。

全員、WBC優勝メンバー、日本のトップレベルの選手なんだけどなぁ。中島にしても、青木にしても、なんかメジャーから「小馬鹿」にされているようで無性に腹が立ち、そんな扱いされてまで、メジャーに行かなくて結構!くらいに感じましたよ。メジャー移籍を熱望していた本人には大変申し訳ないのですが、中島は決裂してよかったんじゃないかな?とまで思います。

昨年の岩隈とA’sの交渉決裂くらいから感じていたんですけど、選手側の足元を見られるようなポスティングシステム移籍は、もうやめといた方がいいのかもしれませんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年の初練習。

1月8日・9日と今年初めての少年野球の練習が行われました。

寒かったですねぇ。

でもその寒さが、お正月休みで緩みきった心と、たるみきった体をビシッと引き締めてくれました。(笑)

低学年チーム3年生以下9人も、最初のうちは鈍った感覚を取り戻すのに苦労していましたが、ランニング・ダッシュ・ベースランニング・アメリカンノック(もどき?)でさんざん走らされて、大分調子を取り戻してきたようです。

小1の次男も、アメリカンノックもどきでフライ捕球に失敗しドラゴンズ・宇野級の見事なヘディングを決めるなど、なかなか痛い初練習だったようですが、下手なりにも一生懸命取り組む姿は一丁前の立派な野球人のそれでした。

高学年チームの長男も、少人数のグループに分けられほぼ休み無しでミッチリとしごかれたようで 、年初からなかなか中身の濃い充実したメニューをこなすことができました。

一生懸命に練習するマメ君達の姿を見ながら、今年も1年何事も無く彼らと一緒に野球ができればいいなぁと心から思った今年の初練習でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

スキー旅行(?)

前の記事でチラッと触れましたが、3日から5日まで家族でスキーに行ってきました。

昨年に続き2年連続2回目の出場(?)。

新幹線&送迎バスに揺られて約3時間。

ゲレンデは小雪が舞い、更には身長越え(2m近く)の積雪!

心はウキウキワクワクの一面の銀世界! 

はやる気持ちをグッと抑え、まずは子供達を半日スキースクールに。その後家族4人でおもいっきり初滑走。やっぱり気持ちいいですね。「白銀は招くよ」、トニーザイラーって感じですかね。

あっという間に楽しい時は流れてゆきました。

4時過ぎ、明日もあるからとそこそこでゲレンデを後にし、宿にチェックイン。ゆったり温泉(露天風呂)に浸かり、夕食はビールを飲みながら豪華カニ食べ放題付のバイキングで舌鼓を打つという至福のときを過ごしました。

2日目。朝食時には晴れ間がのぞいていたゲレンデでしたが、用意をしているうちに天候がみるみる悪化。午前中はなんとか頑張って滑っていましたが、午後になると雪が激しくなり風もでてきて地吹雪のような状況に…。2時過ぎ泣く泣くこの日のスキーを断念、宿に戻りました。

ところがこの後、宿で時間をもてあましグズグズ…とはいかなかったんですよね。なんとこの宿には立派な体育館がありバトミントンや卓球ができるんです。急遽家族4人でバトミントン大会が催され、スキー場でなぜかバトミントンで汗びっしょりというなんとも不思議な経験をしました。でも盛り上がって楽しかったですよ。

その後温泉→夕食、最終日の好天を願いながら8時30分過ぎ、家族全員グロッキー状態となり就寝しました。

3日目。朝起きて窓から部屋の外を見ると、昨日以上の猛吹雪…。(私一人ならスキー決行だったんでしょうけど、家族がいるので…)泣く泣く最終日の滑走を諦め、バトミントン大会第2Rが催されることとなりました。

天候に恵まれず、スキーを満喫というわけには行かなかったのですが、それはそれでなかなか楽しく充実した旅行となりました。

長男は来年は受験直前、3年連続はちょっと難しそうですが、また是非とも家族でスキー(バトミントン?)旅行に行きたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年正月スポーツを大雑把に回顧。

今日から仕事始め、そしてブログ始め、ということで今年もよろしくお願いいたします。

年末年始は30日まで仕事、31日~1日は私の実家、1日夜~2日は嫁の実家、3日~5日は家族スキーということで、まったく休みなし。特に前半戦の実家リレーは、昼夜問わずお酒の飲みっぱなしで、心身そして肝臓は相当疲れました。記憶も定かではない…。

仕事している普段の方がはっきり言って「楽」でした(苦笑)。

そんなヘロヘロ状態でしたが、正月スポーツを簡単に、いえ大雑把に振り返ってみたいと思います。

早慶明全滅で興醒めしてしまった大学ラグビーは、3連覇を目指す帝京が初優勝を目指す天理と戦うという赤黒対決の決勝。

高校ラグビーは、相変わらずのダントツの強さを誇る東福岡vs東海大仰星の決勝。

箱根駅伝は東洋大が大会記録を大幅に更新してブッチギリ完全優勝。

…一生懸命戦ってその実力どおりの力を発揮して圧勝する選手の皆さんの凄さには心から敬意を表しますが、やっぱり図抜けた本命が1強状態で、他が手も足もでない状況は、どうも勝負としての面白みが欠けちゃうような気がしてイマイチ盛り上がれませんでした。王者の牙城を崩すべく、ライバル各校のより一層の奮闘を大いに期待したいところですね。

ということで、本当に、非常に大雑把な正月スポーツ回顧でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新年のご挨拶を申し上げます。

新年のご挨拶を申し上げます。

.

2012年の幕が開きました。

でも「おめでとう」という気には、どうしてもなれませんね。

混沌とする日本社会を覆う闇の中に一筋の光明を見つけられるような、そして一日も早く心の底からワイワイと野球談義に花を咲かすことができるような2012年になるといいですね。

本年もよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (3) | トラックバック (2)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »