« CG3連戦を見て感じたこと。 | トップページ | 2012年春季神奈川県大会組み合わせ、決定。 »

2012年少年野球春季大会、開幕。

少々肌寒い花曇り、でも満開の桜の下、朝8時より開会式が行われいよいよ少年野球春季大会が開幕しました。

開会式は何度経験してもいいものですね。ちょっと緊張気味、でも大きな目標に向かってこれから始まる戦いに、胸を高ぶらせながら元気よく行進するマメ球児君たちの姿をみていると、私も胸が高ぶります。

新しい季節の初めに
新しい人が集いて
頬染める胸の高ぶり
声高な夢の語らい~♪

…センバツの大会歌「今ありて」を思い出します。

華やかだった開会式のグラウンドはその余韻に浸る間もなく直ちに整備しなおされ、一転して戦いの場となります。次男の低学年チームも会場を移し、今季公式戦第一戦が行われました。(長男の高学年チームは、この日の試合は組まれていませんでした。)

前にもちらっと書きましたが、低学年の部はこれまで上部大会を目指すAブロックと教育リーグ的なBブロックに分かれていましたが、今春から教育ブロックが廃止され1つに統合されました。そこにエントリーした12チームを6チーム×2リーグに分け、各リーグ上位2チームが優勝トーナメントに進出、低学年優勝チームが上部大会進出するという形になりました。

私どもの低学年チームは各学年4~5人程度の人数しかおらず、スタメンの半分が1・2・3年生で構成されるためこれまではBブロックにエントリーしていました。ところが今季からは上部進出を目指すバリバリのチームとも戦わなくてはならなくなり、大苦戦が予想される…という状況で行われた今季第1戦。

対戦相手は、オール4年生の布陣を敷く上部大会進出常連の連盟屈指の超強豪チーム。正直「うわぁ、いきなりきついなぁ…」というのが試合前の偽らざる心境でした。

でも、もちろん「勝つ確率は相当低いかもしれないが、勝機は必ずある。」と、ちょっとは思っていましたけど…。(苦笑)

試合前のミーティングで「○○(相手チームの名前)はこれまでずっと強いけど、チーム名と戦うわけじゃないだろ? 君らと全く変わりのない4年生と戦うんじゃないか。選手だって毎年入れ替わるし、君らと戦う選手が去年みたいに強いかどうかもわからない。戦う前からビビることは全然ないんだよ。君たちだって冬の間頑張って練習してきたじゃないか!自信をもって、練習してきたことを積極的に試して、大暴れしてこい!」 とハッパをかけ、わがチーム先攻でプレイボール!!

すると…。

1回表1番打者の切り込み隊長が、相手投手の投じた初球を「カキン!!」と弾き返すライトオーバーの2ベースを放つと、次の2番打者も初球をレフト前に。無死1・3塁で、3番打者がこれまた初球を弾き返しなんとライトオーバーのランニング3ランホームラン! わずか3球で3点を奪うと、勢いづいた「お調子者打線」が、相手投手に立ち直りのきっかけを全く与えず、その後もバッカンバッカンとつるべ打ち。

打撃で勢いづいたお調子者君たちは、緊張感の欠片もなくのびのびと守備も無難にこなし、そのままの勢いでゲームセット!

試合はなんと14点差をつけて、4回コールドで圧勝となりました。

練習を終えて応援に駆け付けてくれた高学年チームのみんなも、どうもありがとう!

いやぁ、驚きました。これだから野球は面白いんですよね。

試合後、相変わらずハイテンションで盛り上がってるお調子者君たちに、「まだ1試合勝っただけじゃないか!浮かれすぎて油断してると逆のスコアでボロ負けするぞ!今日はおもいっきり喜んでいてもいいけど、明日からはしっかり気を引き締めて自主練しておくように!」と、シメておきました。

「は~~~~い!」なんていう返事でしたけど…。(苦笑)

次男ですか? ボールボーイやベースコーチ、イニング代わりの外野手とのキャッチボールなど一所懸命チョコマカ動いて、ベンチから大きな声でチームメイトを応援、なかなか頑張ってました。4回裏からは、守備だけでしたけどライトを守らせてもらいました。来年からは主力メンバーとして戦わなければなりませんので、先輩たちのプレイをみて試合を経験して、しっかりとその時までに実力を養っておいてほしいなと思います。

さぁ、リーグ戦のスタートは最高の形となりましたが、まだまだ始まったばかりです。上部大会を目指す強豪たちとの戦いはまだまだ続きます。一戦一戦目の前の試合に全力投球して、ひとつでもこれからの糧になるような経験を積めるように頑張りましょう!

|
|

« CG3連戦を見て感じたこと。 | トップページ | 2012年春季神奈川県大会組み合わせ、決定。 »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

奇跡(と言っては失礼ですが(笑))を起こしましたね!

「『失敗は成功のもと』という言葉があるが、
成長をうながすのは『成功こそ成功のもと』と
心得よ」とどこかで読みました。
いいスタートを切ったチームが成功を積み重ねられますように。

投稿: chu3_ballpark | 2012年4月11日 22時36分

chu3_ballparkさん、コメントありがとうございます。

少年野球というのは、「こういうことがおこるから面白い!」という見本のような試合でした。
いくら強いとはいえやはり10歳の子供たちのすることですから、何が起こったっておかしくないんですよね。何かちょっと歯車がかみ合わなければ、逆のスコアでボロ負けすることもあるんですから…。

やっぱり、「野球は楽しい、最後まであきらめず一生懸命プレイすればもっと楽しい!」ってことをわかってくれる子供たちがいるチームは、強いってことなんでしょうね。

また、何かありましたらコメントいただけると嬉しいです。

投稿: すーさん | 2012年4月14日 06時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/44810125

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年少年野球春季大会、開幕。:

« CG3連戦を見て感じたこと。 | トップページ | 2012年春季神奈川県大会組み合わせ、決定。 »