« 白河の関。 | トップページ | 2012年少年野球春季大会、開幕。 »

CG3連戦を見て感じたこと。

ジャイアンツ、カープに3連敗しスタートダッシュに完全失敗。

でも冷静になって考えれば、今年のカープは侮れないですよ。

先発は、エース前田(健)を軸に、昨季13勝のバリントンでしょ、2010年ドラ1・福井でしょ、2011年ドラ1野村でしょ、05~08年まで4季連続2ケタ勝利をあげた大竹が復活したでしょ、先日好投した篠田もいるし…。中継ぎには今村を筆頭に永川ら実績ある投手が揃い、抑えにはサファテでしょ、新加入の超長身のミコライオも先日の登板の様子では結構やりそうだし、投手陣はなかなか強力ですよ。

野手だって主砲・栗原を軸に、東出、梵、広瀬、石井らに加え、丸、天谷、岩本、松山、堂林ら粋のいい選手がそろいつつあるでしょ。

まだまだ若くチーム力整備中で成長途上ではありますが、勢いにのって一丸となって戦うなかなか手ごわいチームになりつつあるカープ。一方、野手陣は坂本以外の主力はほぼ30代。投打に力のあるビッグネームを獲得し大型補強したものの、その新戦力が完全に融合しておらず、チームとしてまったく機能していないジャイアンツ。

現状では、この結果は当然といえば当然なのかもしれません。

でもね、シーズンは長いんですよ。今回の結果がシーズンを通じていつも繰り返されるってことはありえないです。

若くて勢いがあるチームはそのまま突っ走ってしまうかもしれないが、何かにつまづいたとき失速するのも早い。一方、ベテラン・ビックネーム揃いのチームは、完全融合し、自分の役割をきっちり果たすようになり点ではなく線として機能し始めたら、向かうところ敵無しの強さを発揮するようになる。

ゆえに野村さんは、今の状態に満足することなく、常に調子のいい選手を見極め積極的に起用し、策をめぐらし、その勢いを保てるようにしなきゃいけないんです。

また原さんは、たった6試合くらいでジタバタせず、スタメンや打順をコチョコチョいじくりまわさずに、選手の力を信じてどっしり構えてりゃいいんです。

それができるかどうか、成績には、監督の力量が大きく反映されるってことなんでしょうね。今シーズンはまだ始まったばかりですが、これからどういう展開になっていくのか、とても楽しみです。

ということで、勝手なことばかり書きましたが、怒らないでくださいね。そこらへんにうようよいる野球おやじの戯言だと思って聞き流してください。(苦笑)

|
|

« 白河の関。 | トップページ | 2012年少年野球春季大会、開幕。 »

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/44775785

この記事へのトラックバック一覧です: CG3連戦を見て感じたこと。:

« 白河の関。 | トップページ | 2012年少年野球春季大会、開幕。 »