« ベスト16、決定! | トップページ | バカ息子。 »

痛い目にあいそうで…。

日曜日は少年野球。低学年チームは春季大会の第3戦目が予定されていましたが、相手チームに季節外れのインフルエンザの猛威が襲い不戦勝となりました。勝利は嬉しいんですけど、相手チームのことを考えるとちょっと残念ですね。子供たちもたくさん試合をしたかったでしょうし、正々堂々と戦って雌雄を決したかったでしょうし、後日に順延というわけにはいかなかったのかなぁと…。

ということで、急きょ練習をすることになりました。とはいっても4年生は高学年チームの助っ人(実力的には???)として駆り出されていますので、3年生以下6人での練習。マメ6人にコーチ4人と、ほぼマンツーマンでじっくりと密度の濃い3時間でした。

次男も一生懸命大きな声で元気よく練習していました。イレギュラーしたゴロが顔面直撃したり、ファーストカバーに入った時に打者走者と激突したりと、結構痛い目にあっていたんですけど、泣き出したいのをグッとこらえて練習続行、我が子なのでチームメイトの前では滅多なことでは褒めないんですけど、昨日はおもいっきり褒めてあげました。

「ナイスファイト!」

さて、4年生が駆り出された高学年チームの春季大会第2戦。開幕スタメン3番という大抜擢スタートを切った長男ですが、この日はスタメン落ち。

あ~ぁ…。

学校の体育の授業で突き指をし、右手中指が指2本分くらいにはれあがってりゃしょうがないといえばしょうがないんですけど…。

火曜日に怪我して包帯ぐるぐる巻きの右手中指を見た時、おもわず卒倒しそうになりましたよ。そして「なんでこんな大事な時に怪我するかなぁ、まったく…。せっかくレギュラー奪回したというのに、自分でそのチャンスを潰してるんじゃどうしようもないじゃないか…」とぼやく、ぼやく…。

ぼやき続けて日曜日の朝。

必死に治療してなんとか指が曲がるくらいにはなったので、朝食の時に長男に向かって「男ってのは、辛かったり苦しかったり痛くてどうしようもないときでも、そいつをグッと我慢して涙を流してでも戦わなけりゃならない時が必ずあるんだ。生きていけばこれからも何度となくそういう場面に直面するんだよ。今日の試合を痛みに負けて「できません」って逃げたら、お前はそういう時に一生逃げ続けるようになるんだぜ。監督に「いけるか?」と聞かれたら、大きな声で「大丈夫です!!!!」って答えるんだぞ!そして試合中はいつも以上に元気を出して、絶対に痛みを表に出すんじゃないぞ!」って喝を入れたんです。

けど…。

長男の話によれば、集合して練習開始前にすぐに監督が長男に「おい、指を見せてみろ」。

見た瞬間、「あっ、ダメだな、こりゃ」。

…監督は、接骨院の院長だった事を忘れてました。そんなわけで長男はベンチスタート。最後の最後に代走で出場したものの、試合は惨敗を喫してしまったようです。

というわけで、何とも痛々しい日曜日の少年野球でしたが、長男→次男ときて次は私の番になりそうで、なんとなく戦々恐々としています(苦笑)。

|
|

« ベスト16、決定! | トップページ | バカ息子。 »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/44991379

この記事へのトラックバック一覧です: 痛い目にあいそうで…。:

« ベスト16、決定! | トップページ | バカ息子。 »