« 職人技。 | トップページ | WBC2次ラウンド・台湾戦。 »

イケイケで快進撃。

日曜日、6年生にとって最後の大会である壮行大会の2回戦が行われました。

1回戦を快勝してイケイケ気流にのった6年生。雰囲気はそのままの勢いを継続していたのですが序盤はチャンスを作りながらも得点を奪えず、ベンチの雰囲気とは真逆の競った展開に。

それでも雰囲気はイケイケで、ちょっと緊張感が無いのが心配なくらいでした。と、その心配が的中。イケイケなのはいいのですがプレイが粗雑になり、3回にくだらないミスが続出し逆転を許してしまいます。

その瞬間ベンチの中の雰囲気が一転。どよ~んとした「もうダメだ…」空気感が一気にベンチを支配。なんて解りやすい奴らなんだ…と観客席から思わず苦笑い。

相手のミスですぐさま4-3と試合をひっくり返すとイケイケドンドン空気がふたたびベンチ内に吹き込まれ、それまでの「点が取れそうで取れない」鬱憤を一気に晴らすべく、怒涛の攻撃で相手をそのまま一気に寄り切り、見事勝利となりました。

これでチームとしては10数年ぶりの壮行大会ベスト4進出。

お見事!

それにしても、ここ数年、なんでわがチームの面々は6年生最後にならないと本格化しないのでしょうかね。せめて秋季大会前までに覚醒してほしいのですが…。(苦笑)

さて、2番ライト(途中からセカンド)で先発出場した長男。2打席目に左脇腹に死球をくらい、3打席目には自打球が顔面を直撃をするという、まさに「この試合1番当っている選手」となりました。それでも様子を見るためにいったんはベンチに下がったものの、再びバッターボックスに入り直し、再開1球目をセンター前に見事に弾き返す痛烈なクリーンヒット! 「たくましく成長したもんだなぁ」と、ちょっと感動で胸がジ~ンとなりました。

それにしても死球・顔面直撃・クリーンヒット、「1番当っている選手」ね…。今度は3打席連続ホームランでお願いしますね。(苦笑)

ということで、このイケイケ6年生の快進撃は続きます。10日にはついに準決勝。まだまだ君たちのプレイを見ていたいので、ひとつでも多く勝ち進んでほしいですね。

…勝ち続けたまま、有終の美を飾れたら最高なんですけどね。(笑)

|
|

« 職人技。 | トップページ | WBC2次ラウンド・台湾戦。 »

少年野球」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/195391/50632356

この記事へのトラックバック一覧です: イケイケで快進撃。:

« 職人技。 | トップページ | WBC2次ラウンド・台湾戦。 »