少年野球

なかなかうまくあわない。

少年野球秋季大会。

22日に行われた2戦目は11-1でコールド快勝。ただし6番セカンドで出場した次男は、火の出るような打球を打ちながらも野手の正面を突くなどし二タコ(四球・三振・二直)終わり、不完全燃焼のグズグズ状態。
その後バッティングセンターや素振りなどで相当バットを振り込んで迎えた昨日29日の3戦目。

6番セカンドでスタメン出場の次男は、1打席目こそいい当たりのライトフライに終わりましたが、2打席目は1死3塁で痛烈なセンター前ヒットで打点1、3打席目はセンターの頭を超える中越スリーベースで2打点目をあげました。ところが試合は善戦むなしく惜敗。試合に負けたことでグズグズ状態に…。


残り1試合、試合に勝って、ヒットも打って、スカッとした秋の青空のような気分で、有終の美を飾りたいですねぇ。

| | コメント (0)
|

うらめしい週末の雨。

週末雨というサイクルで、グダグダになっている今秋の野球。

少年野球は1日に開幕して以来、低学年チームはまだ1試合、高学年チームは初戦も戦っていないという事態に追い込まれています。これから日程がタイトになること間違いなし。ギリギリの人数で戦っていますので、連戦やダブルヘッダーが組まれてしまうと、大変なことになりそうです。参りましたね…。
神奈川県大会も日曜日に行われるはずだった4回戦が台風で延期となり、今秋平日に振り分けられ行われています。
塾高vs平学戦は今週金曜日。たしかこの時期は、塾高は定期テストの真っ最中じゃなかったでしょうかね。しっかり練習(勉強?)できてるか、とても心配です。
さて先週末に開幕した東京六大学野球。塾野球部は立教に初戦大敗(1-9)という何とも心配なスタートを切りましたが、2・3回戦と粘りを発揮して逆転勝利し勝ち点奪取に成功しました。白村君は早くも今季2勝目。この勢いで覇権奪回、神宮大会制覇まで突き進んでほしいですね。
ここ数日、カラッとしたさわやかな秋の晴天が続いています。今週末までこの好天はもつのでしょうか? 何とかこういう空の下で、おもいっきり野球を楽しみたいですね。

| | コメント (0)
|

スポーツの秋、野球の秋。

朝晩だいぶ過ごしやすくなってきましたね。秋の気配が日に日に増しています。

少年野球の秋季大会も先週開幕し、低学年チームも初戦を戦いました。試合終盤まで2点差でもつれる競った試合展開となりましたが、最終回に疲れが見え始めたエースがつかまり突き放され4-11で残念ながら敗退となりました。相手は春季大会準優勝チーム、こちらは成長途上のチームですから、結果はある程度予想していたのですが、練習してきた成果を随所に発揮し健闘、点差以上に内容のあるゲームでした。こういう中身の濃いゲームをしていればそう遠くないうちに勝利をつかむことができると思います。秋季大会のブロックは残り3試合、1つでも多くの勝てるように頑張っていきましょう!

6番セカンドの次男は残念ながら3打数無安打。三振、二ゴロ、三ゴロでしたが、2打席目の二ゴロは目の覚めるような素晴らしいライナー性の打球、惜しくもセカンド真正面だったためアウトになってしまいましたが、あのようなバッティングができれば秋季大会でも、いい打率を残せると思います。頑張ってほしいですねぇ。

さて、秋季高校野球神奈川県大会も7日に開幕しました。SFCは残念ながら本戦出場はならなかったものの、塾高はブロック1位で予選突破、8日の初戦(2回戦)では、磯子に7-0と快勝、好発進しました。次の試合は14日、試合会場はまだ発表されておりませんが相手は古豪・横浜商業となりました。なかなか手強い相手となりますが、一戦必勝で1つでも多く勝ち上がってほしいなぁと思っています。

今週末はいよいよ東京六大学リーグも開幕です。野球を、見るにもプレイするにも絶好の季節となりました。仕事に追いまくられてはおりますが存分に野球を楽しみたいと思います。

| | コメント (0)
|

少年野球春季大会回顧2013。

このゴールデンウィークで少年野球春季大会の全日程が終了しました。少子化・野球離れが進んで、全16チームある区内少年野球チームのうち、低学年の部にエントリーできたのは12チーム。かくいうわがチームも3月末になってようやく人数が揃ってエントリーにこぎつけたという状況でした。チーム練習もほとんどできずぶっつけ本番、バッテリーと内野手は従来メンバーで固めたものの、外野に打球が飛んだらすべてホームラン…。とりあえず勝敗云々は完全度外視、試合経験を積ませることだけが目的での大会参加となりました。

初戦は1イニングに25失点を喫するなどして大敗、2戦目は相手投手に全く歯が立たず完封コールド負け。それでも徐々にですが新加入メンバーも少しずつ上手になり、チームプレイ(中継や連携・カバー)もなんとなく(本当になんとなくですけど…)できるようになり、第3戦は惜敗、そして最終戦はなんと勝利を飾ることができました。

最終戦のゲームセットの瞬間、子供たちは喜びを爆発させていました。勝つことの喜び、頑張れば努力が形になって現れることを体感できたでしょうかね。今大会で勝利できたことは、子供たちにとってこれからの練習に対してのモチベーションをあげる意味においても非常に大きな経験になりました。

さて3年生になった次男は低学年チームの6番セカンドで全4試合にフル出場。こちらの予想以上に頑張っていましたね。

1戦目) 一ゴロ失策・2盗、三振。守備機会なし。
2戦目) ライト線エンタイトル2ベース・3盗・投ゴロ三本間挟殺死。
      ニゴロ処理アウト×1
3戦目) レフト前ヒット・2盗・捕逸で3進・残塁。三振。守備機会なし
4戦目) 三振、三振、レフト前ヒット・2盗・死球で三進・中前安打で得点1。
      守備機会はニゴロ処理アウト×3。

8打数3安打、打点0、得点1、三振3、盗塁3。守備は無失策。第2戦目ではチーム唯一の安打を放ちましたし、2試合連続ヒットですからね。バッティングセンター効果が表れたかな? お見事でした。

さて、春は1勝3敗でブロック敗退という結果となりましたが、チーム結成して1か月ちょっとで大健闘だったと思います。1試合ずつ着実に成長していく様子が手に取るようにわかりました。まだまだ発展途上、底知れない可能性を秘めた伸びシロ無限大のチームです。秋季大会でもいい成績が残せるように、これからの練習も張っていきましょうね。

| | コメント (0)
|

イケイケで快進撃。

日曜日、6年生にとって最後の大会である壮行大会の2回戦が行われました。

1回戦を快勝してイケイケ気流にのった6年生。雰囲気はそのままの勢いを継続していたのですが序盤はチャンスを作りながらも得点を奪えず、ベンチの雰囲気とは真逆の競った展開に。

それでも雰囲気はイケイケで、ちょっと緊張感が無いのが心配なくらいでした。と、その心配が的中。イケイケなのはいいのですがプレイが粗雑になり、3回にくだらないミスが続出し逆転を許してしまいます。

その瞬間ベンチの中の雰囲気が一転。どよ~んとした「もうダメだ…」空気感が一気にベンチを支配。なんて解りやすい奴らなんだ…と観客席から思わず苦笑い。

相手のミスですぐさま4-3と試合をひっくり返すとイケイケドンドン空気がふたたびベンチ内に吹き込まれ、それまでの「点が取れそうで取れない」鬱憤を一気に晴らすべく、怒涛の攻撃で相手をそのまま一気に寄り切り、見事勝利となりました。

これでチームとしては10数年ぶりの壮行大会ベスト4進出。

お見事!

それにしても、ここ数年、なんでわがチームの面々は6年生最後にならないと本格化しないのでしょうかね。せめて秋季大会前までに覚醒してほしいのですが…。(苦笑)

さて、2番ライト(途中からセカンド)で先発出場した長男。2打席目に左脇腹に死球をくらい、3打席目には自打球が顔面を直撃をするという、まさに「この試合1番当っている選手」となりました。それでも様子を見るためにいったんはベンチに下がったものの、再びバッターボックスに入り直し、再開1球目をセンター前に見事に弾き返す痛烈なクリーンヒット! 「たくましく成長したもんだなぁ」と、ちょっと感動で胸がジ~ンとなりました。

それにしても死球・顔面直撃・クリーンヒット、「1番当っている選手」ね…。今度は3打席連続ホームランでお願いしますね。(苦笑)

ということで、このイケイケ6年生の快進撃は続きます。10日にはついに準決勝。まだまだ君たちのプレイを見ていたいので、ひとつでも多く勝ち進んでほしいですね。

…勝ち続けたまま、有終の美を飾れたら最高なんですけどね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

最後の試合…、じゃなくなった!

中学入試が終わり、久しぶりに全メンバーが揃った6年生。その6年生の壮行大会1回戦が先週土曜日に行われました。

本来私は土曜日が仕事なのですが、今施行中の工事現場がたまたま試合が行われるグラウンドのそばだったため、昼休みにちょっと抜け出して、星飛雄馬の明子姉ちゃんのように柱の陰から試合をのぞきに行ってきました。(笑)

さて試合ですが秋の大会の時とは違って、6年生は伸び伸びとプレイしてましたね。気の置けない仲間が久しぶりに揃い、本当に楽しそうでまったく緊張感の欠片もない(笑)。そんな雰囲気にプラスして、最後の試合ということで細かなサインなし、すべてホームラン狙いで行け!というベンチの粋な計らいが上手くからんで、打つわ打つわの大花火大会。イケイケドンドン攻撃で15得点を奪う猛攻。投げても相手打線を被安打1の準パーフェクトにおさえる6年生投手2人による見事なリレーで0封。15-0という文句なしのスコア・試合内容で、3回コールド圧勝となりました。

受験で相当なまっていた長男も、1・2打席はヘッポコスイングのピッチャーゴロでしたが、この勢いに乗ったのか、乗せられたのか、3打席目に目の覚めるような痛烈なライナーのセンター前ヒットを放ち打点2。本当に楽しそうにプレイしていましたし、観戦していた私も本当に楽しい試合でした。

ということで、最後の試合と思っていた試合に勝利し、6年生はもう1回この仲間と試合を戦うことができるようになりました。素晴らしい想い出となるように、素晴らしい仲間と一緒に、楽しく、伸び伸び、おもいっきりプレイして欲しいと心から思っています。

…こういう戦い方を秋季大会で見せてほしかったですけどねぇ。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

さすが!

少年野球の練習に中学受験が終わった6年生達が戻ってきました。長男も久しぶりに参加となりました。

10月から4か月間、全くといっていいほど体を動かしてこなかった割には軽快な動きを披露。2月中旬から始まる6年生壮行大会のために紅白戦が組まれたのですが、下級生達のプレイと比較しても「やっぱり、6年生だねぇ」とおもわず唸ってしまうような、走攻守にキラリと光る貫禄というか格の違いを感じさせるプレイを随所に見せてくれました。

また、6年生が戻ってきたことで全体の雰囲気も、活気が溢れ、盛り上がり、球春のウキウキ感との相乗効果で、とても楽しく充実した練習となりました。

さすが、6年生ですねぇ。そこにいるだけで強烈な存在感を放っていました。

長男の紅白戦での成績ですが、打撃ではタイミングが合わずに凡ゴロの山、山、山…。一方、セカンドの守備では難しい打球を全く難しいとは思わせない俊敏で軽快なプレイで、何本も見事にさばいておりました。

久しぶりに仲間と楽しく充実した時間を過ごすことができ、一緒に気持ちのいい汗をかくことができた2日間だったのではないでしょうかね。

で、連休明けの火曜日。

「痛い!!」 「いててて!」

長男は全身筋肉痛で、のたうちまわっておりました。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

改めて…、よく頑張った!

昨日、少年野球チームの納会が行われました。

コーチである私と次男は参加したものの、長男は本人の意志により塾の講習に参加し欠席となりました。中学受験のラストスパートの時期ですからしょうがないといえばしょうがないですかね…。

その会で1年間の個人成績が発表され、長男は17試合出場39打席34打数11安打で打率324、ホームラン1、打点5、四球5、盗塁6、得点8という成績を残しました。

中学受験のために休部という選択肢もあったのですが、年初に、限界まで休部せずに文武両道で頑張ることを宣言。しかし己の過信・怠慢から春季大会前にレギュラーをはく奪。腐らずに懸命に練習をし2か月後に再びレギュラーを奪回。春季大会後半戦・夏のトーナメント・秋季大会と主力として活躍、一時はクリーンアップを任されるほどの信頼を勝ち得ました。

8月末、自らが「受験勉強に専念したいので10月から休部させてください」と監督・コーチに報告。日程がずれ込み10月に行われた秋季大会最終戦には出場できなかったものの、9月末に行われた長男が出場した最後の試合ではレフトオーバーのホームランを放ちました。

…発表された数字はただの記録ではありませんね。この1年間の長男の奮闘・努力・思いといったすべての事が刻み込まれた、大げさに言えば「長男そのもの」だと思います。配られた個人成績表のプリントを見ながら、こうした記憶の1つ1つが頭の中に蘇りちょっと胸が熱くなりましたね。

改めて…。

長男よ、よく頑張ったぞ!

.

…そのプリントには次男の成績も載ってました。

「7試合7打席7打数1安打、打率143、三振5」

まだ小2。小4のピッチャーが相手ですから…(笑)

でも次男よ、お前もよく頑張ったぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

4年生、お疲れさん! 

25日の日曜日、少年野球の私設リーグ戦が行われました。

この日は5月から始まった私設リーグ戦の最終日。これまで雨等で試合消化がままならず、なんとダブルヘッダーとなってしまいました。

第1試合は3年生主体で快勝、

第2試合は連盟秋季大会決勝で大敗を喫した相手とのリベンジ戦。このメンバーで戦う最後の試合ということもあって気合十分、主力の4年生メンバー主体で決勝の雪辱をはらすべく最後の戦いに挑みました。

試合は低学年チームの戦いとは思えないほどの緊迫した接戦。四球やエラーなどは皆無、好守・好打・好走塁が随所に見られる、「物凄いいい試合をやっとるなぁ」と見物人からも感嘆の声が上がるほどの好ゲームとなりました。

がしかし、結果は0-4で惜しくもリベンジならず。

う~ん、なんとかして勝たせてあげたかったなぁ…。

でも、この代の最後の試合を飾るにふさわしい素晴らしい試合でした。

今年の代は、春4位・秋準優勝・上部大会進出・私設リーグ準優勝という近年稀にみる好成績を残した代でした。私たちコーチ陣も、たくさんいい思いをさせてもらい感謝しております。(笑)

1年間よく頑張りました! お疲れさん! そしてどうもありがとう!

低学年チームでの経験を礎にして、高学年チームでも一層の飛躍を心から期待しています!

残った3年生以下のメンバーは、先輩たち以上の成績が残せるように、春・秋・私設リーグ戦の3冠めざして、頑張っていきましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

上部大会って、やっぱりいいもんだ!

小2の次男が入っている少年野球低学年チームは、今秋の連盟主催の秋季大会で準優勝し連盟代表として上部大会出場を決めました。そして18日の日曜日、その上部大会が始まりました。

風は少々強かったものの、突き抜けるような青空の下で行われた開会式。堂々と入場行進する姿、力強い選手宣誓など、上部大会初体験の私はその心地よい緊張感を十分に味わい、感動すら覚えました。中高時代、予選1・2回戦で敗れこういう経験をしたことがありませんでしたのでなおさらでした。(笑)

1回戦で敗れてしまったたため、次週の準決勝・3位決定戦・決勝にコマを進める事は出来ませんでしたが、代表同士が覇を競う上部大会独特の雰囲気を肌で感じ、ちょっと誇らしげな開会式や強豪との試合経験は子供たちにとっても素晴らしい経験になったのではないでしょうか。

次男はベンチで応援要員でしたけれど、来年は主力としてこの場に立てるようがんばってほしいと思います。そしてまた来年もこの素晴らしい舞台に戻ってきたいと思います!

…マメ君達、お願いしますね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧