草野球

3R、KO負け。

【第1ラウンド】

日曜日は朝4時起床。4時30分に車のエンジンをかけ出発。途中見事な日の出をみながら約1時間のドライブ…。そうなんです。18日は私にとっての開幕戦! 

早朝草野球に今年初参加してきました。

いやあ、やっぱり野球っていいですね。見たり教えたりするのももちろん楽しいのですが、やっぱり自分でプレーするのが一番ですね。心の底から楽しかったです!!! (少年野球に馴れた身にしてみると「ボールがデカイ」「ダイヤモンドが広い」「塁間が長い」とは感じましたが…)。

試合の方は6番捕手で出場。気分はジョージマだったんですけど結果は伴いませんで3タコでした。でもミニサイズながらも日頃からボールに触れているせいか、思ったより体は動き、球勘は鈍っていなかったですよ(…と負け惜しみ)。

昨年後半から少年野球優先で全く参加できておらず、チームメイトにも多大なるご迷惑をかけております。今後は調整のつく限りできるだけ参加したいと思っていますので冷たくしないでくださいね。

よろしく。

【第2ラウンド】

さて…。

草野球の試合途中にもかかわらず、一足先に河川敷を後にしてトンボ返りすることになりました。

10時00分から少年野球春季大会のブロック最終戦が行われるためです。現在低学年チームは1勝1敗。前回の敗戦でブロック優勝の可能性は限りなく僅かとなってしまいましたが、勝てば他力本願ながらまだその可能性が復活するという大事な大事な試合です。遅刻するわけにはいきませんでした…が30分ほど遅刻。試合開始15分前に到着というまさに滑り込みセーフという慌ただしさでした。

試合は、前回の教訓が生きプレーボールからエンジン全開。序盤から猛打爆発(相手の自滅?)で12点を奪い勝負を決めました。終盤はバタバタと追い上げられ少しだけヒヤっとしましたけど…。

さて、長男の成績ですが私の草野球と同じく3タコでした。まあ、事前に直すように言われていた守備での課題を、直そうと努力している様子がうかがえたので「ヨシ!」にしようと思います。

【第3ラウンド】

12時に試合会場の小学校からいつも練習で使っているグラウンドに戻ると、今度はそこで練習していた高学年チームが試合のために移動するとのこと。そして高学年チームに欠席者がいたため、今戦ってきたばかりの長男たち4年生も試合に連れて行くことになりました。

グラウンドに、私と3年生以下のマメ球児たち7人を残して…。

ここから第3ラウンド開始!

元気いっぱいの疲れ知らずのマメ球児7人vs朝5時30分から野球漬けですでにヘロヘロ状態のオヤジ1人。基本の反復練習を楽しくできるように、いろいろとアレンジを加えながら試行錯誤・悪戦苦闘。

16時過ぎに試合から4年生以上のマメ達が戻ってきたときには、疲労は極限に達し立っているのがやっとという状態でした。

その後18時まで続けられた練習でとどめを刺された私は、ふらふらになりながら帰宅、風呂にも入れず夕飯も食べられずに19時半には爆睡でした。

以上

野球バカの4月18日(日)は、第3ラウンドKO負けという結果におわりましたとさ。

チャン チャン♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

そして3月22日(祝)の話へと続く。

3月22日(祝)

朝6時00分に家を出て草野球が行われる河川敷へ。試合には参加できないものの転居してしまうチームメイトのchu3_ballparkさんに直接ご挨拶したかったもので…。残念ながら少年野球の練習に戻らなければならず、お会いすることが出来ませんでしたが携帯ではお話することができました。

chu3_ballparkさん、野球を続けてさえいればまた必ず御一緒できると思います。お互い還暦までは頑張って現役でいましょう(笑)。

家に戻ってくると今度は自転車に乗り換えて少年野球の練習が行われているグラウンドへ直行、11時まで低学年のマメ達と一緒にグラウンドで汗を流しました。

その後15時の再集合までの時間を利用し、お墓参りに。

バタバタと慌ただしいスケジュールだったため、着火マンを用意しておきながらお線香を家に忘れるという大失態をやらかしてしまいました。お寺でお線香を買おうと思いましたが持ち合わせがなく断念。でもまぁ、御先祖様はユニホーム姿の長男の雄姿や一回り大きくなった次男の成長ぶりを見ることができて怒るどころかむしろ喜んでいるに違いない、と勝手に都合のいいように解釈して帰ってきました。

バチが当らなければいいんですけど、ハハハ…。

墓参りから帰ってきて、再集合までの1時間弱の間、センバツの広陵vs立命館宇治戦を観戦。

広陵の本格派右腕有原君の140km超の伸びのあるストレート、キレのある変化球(スライダー?)をみて「すげーなー」と思っていたら、その球に力負けせず打ち返す立命館打線にも唖然。高校野球のレベルの高さを思い知らされましたね。

5-4で立命館リードのところまで観て、再びグラウンドへ。

その打線に刺激を受けたかどうかわかりませんが、午後の練習はバッティング練習となり、3か所に分かれ新聞紙ボールを2時間半ひたすら打ちまくりました。

30球1セットで10セット前後打ってますから、300球近くを打ちこんだんではないでしょうか。マメ達の頑張りには脱帽ですね。努力が実り将来このメンバーの中から甲子園を沸かせるような強打者が生まれれば嬉しいですね。

そして17時30分に練習も無事終了。

長い長~い一日もようやく終わり、いつもの通り野球三昧の連休も終了しました。

…なんか、仕事をしているより休みの日の方が疲れますねぇ(笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

まずは3月21日(日)のおはなし。

3月21日(日)

朝方まで猛烈な暴風が吹き荒れた日曜日、草野球は中止となってしまいましたが、9時過ぎにはお日様も顔を出しマメ達の少年野球の全日本学童大会の予選は予定通り行われました。

ハナから中止と決め込み、高校野球三昧かなと思っていたのですが…(苦笑)。

今大会は新6~4年生が出場選手の対象のため、長男も高学年チームの試合に初帯同することになりました。もちろん試合に出ることはなく、ベンチから大きな声で先輩たちを応援することが仕事です。普段低学年チームの面倒をみている私もコーチとしてベンチ入りさせてもらいました。

高学年チームの監督・コーチらからは、冬の練習や練習試合を通じてかなりレベルアップしているという話を聞いていましたので、その戦いぶりを大いに楽しみにしていたのですが、試合は2-5であえなく1回戦敗退。

序盤にミスから得点を許し、後半エンジンがかかってくると猛反撃に転じるのですがあと一歩及ばない…という毎度毎度の負けパターン。攻走守の個々のプレーの精度は上がり随所に好プレーも見られ、確かに成長の跡はうかがえたのですが…。

今後の課題は、試合にむけていかに心と体を準備し、プレーボール直後からエンジン全開の状態で試合に臨めるようにするかという一点に尽きますね。春季大会にむけて、この課題をどう克服していくか、それが昨年の雪辱を期し躍進するための大きなカギになりそうです。

少年野球が終わり家に着くと、センバツの嘉手納vs花咲徳栄戦をじっくり観戦。

嘉手納打線を翻弄する花咲の左腕エース五明君のピッチング、ショート佐藤君の数々の堅守、橋本選手の弾丸ライナーのHR。

一方の嘉手納も2度盗塁を刺した捕手の眞謝君のスローイングの速さ、正確な送球、強肩ぶりには驚かされました。

野球に対して少しばかり能書きをたれるようになった長男と、「今のはあーだ、さっきのはこーだ。」と話しながら楽しい時間を過ごしました。本当はそのまま続けて第3試合も…と思っていたのですが、ここまで朝から野球漬けでしたので、嫁と次男から「いい加減にして!」と言われる前に、長男とアイコンタクトを交わし自主的にスイッチをオフにすることに…。

…これでプロ野球が開幕したら、本当に朝から晩まで野球漬けなんてことになりそうですね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

新天地での御活躍、心より祈念申し上げます。

chu3_ballparkさま

.

4月以降転居され、草野球を御一緒できなくなるというショッキングな報告を受けました。

2006年12月に私どもの大学同好会OBチームとchu3_ballparkさんのいたチームが合併、それ以来、戦力的にも精神的にも中心選手としてチームをまとめ引っ張り続けてくれたchu3_ballpakさん。

大功労者であり、かけがえのない大事なメンバーを失うことは、チームにとって計り知れないほどの打撃になることでしょう。

もちろん私にとっても…。

私にとってchu3_ballparkさんは、「野球の師匠」ともいうべき存在。

野球についての豊富な見識・溢れんばかりの愛情、技術論・方法論、着眼点、見方・捉え方、心構え、取り組む姿勢、アイデア・提言、少年たちへの指導方法、そしてブログまで…、何から何まであらゆることが私のお手本でした。

お話しをするたびに、自分の野球観・野球論の幅というか奥行きのようなものがどんどん広がり深まっていく…、そんなワクワクした気持ちと充実感をいつも感じていました。

それだけに、もう御一緒できないと思うと本当に寂しくて、本当に残念でなりません。

まだまだ、いろいろと、たくさんたくさん、野球の話をしたかったのに…。

還暦まで一緒にプレイしたかったのに…(冗談のように言ってましたが本気でしたよ)。

3月末まで草野球の活動はまだ数回あるのですが、少年野球の事情で参加することは難しそうです。でも何とかしたい。一緒にプレイはできなくても直接お会いして「今まで本当にありがとうございました。」を言いたい。

本当に何とかしたいのですが…。

.

転居先でも必ず野球を続けてくださいね。そしていつの日かこちらに戻ってこられた時は、絶対にまた野球を御一緒させてください。

その日を楽しみに、残った仲間達と共にchu3_ballparkさんが戻ってこれる場所、MDを大いに盛り上げておこうと思っています。

もちろん、それまで背番号1は欠番にしておきますよ!

.

今までどうもありがとうございました。

chu3_ballparkさんの新天地での御活躍、心より祈念申し上げます。

.

      今は名ばかりのMD監督より

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

再出発。

医者から運動OKのGOサインがやっとでました。

怪我ではなく病気で約1ヵ月もの期間療養したのは生まれて初めてで、慢性的な倦怠感・食欲不振が続き、体重が約8kgも落ち、精神的にも相当きつい思いをしました。

生死にかかわるような大袈裟なものじゃないとわかっていながらも、頭をよぎるのは「思いっきり野球がしたい。でももう今までのように体が動かないかもしれない…」という漠然とした不安ばかり。

そして、愛すべき素晴らしい仲間たちと草野球ができること、少年野球を通してマメ達の成長のお手伝いができること、彼らの目線で野球に取り組むことで改めて野球の面白さ・奥深さを再発見できること…、こうした当たり前のように過ごしてきた日々が、いかに充実していて楽しくて素晴らしかったのかということを改めて再認識させられました。

まだ全快とまではいきませんが、もう一度野球ができる幸せをかみしめながら、気持ちを新たに野球に向き合っていこうと思います。

まずは明日の少年野球から。

自分が野球から教わったいろいろなことを、可能な限り、野球を始めたばかりのマメ達に伝えていきたい。自分の目線でアドバイスをしたりやり方を押しつけるのではなく、彼らがやりたい野球を彼らと一緒になって見つけ出し、彼らに最もふさわしい方法で、理解し、できるようになるまで、何回でも、丁寧に…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

厄払いしなきゃ。

少年野球のお手伝いがいそがしく、草野球に全く顔を出すことができません。チームメイトの皆さん、すいません。

おまけに腰痛、ねん挫、カゼと、ここのところなんかしら患っているような有様で…。

地元神社へ初詣した時、昭和44年生まれは「本厄」ということを知りました。

今年1年、健康で野球生活をエンジョイするためにも、早々に厄払いにいかなければなりませんね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年回顧・Mスポ的10大ニュース

2009年も今日を含めて残すところあと2日。1年というのはあっという間です。でもよくよく振り返ってみると、「あっ」という間に悲喜交々様々なことが起こっていたんですよね…。

ということで、毎年恒例のMスポ的10大ニュースの発表です!

 第10位 「全早慶戦 IN 甲子園」無念のドタキャン

突如舞い込んだ仕事のため、1年も前から楽しみにしていた甲子園での全早慶戦観戦がキャンセルになってしまいました。好天にも恵まれ、アルプス応援の雰囲気や試合内容も素晴らしかったというお話を聞くたびに…。よし!次回(56年後?)まで絶対に生き伸びて、甲子園で颯爽とプレーする両校の雄姿を必ずこの目に焼き付けてやる!!

 第9位 塾エース中林君 まさかのドラフト指名なし

塾高→塾野球部と「慶應義塾のエース」としてマウンドを守り続けた中林伸陽君。数球団が即戦力左腕としてドラフト上位指名候補にその名を挙げていたのですが、いざ始まるとまさかの「指名なし」。私もショックでしたが中林君本人が最もきつかったんではないでしょうか。でも彼の凄いところは気持ちをすぐに切り替え直後の早慶戦で見事なピッチングを披露したこと。立派でした。社会人で大きく成長し必ずやプロのマウンドでその雄姿を見せてください!

 第8位 激闘!日本シリーズ

巨人対ファイターズという組み合わせとなった日本シリーズ。実力伯仲で一瞬たりとも目の離せない激闘に次ぐ激闘のシリーズとなりました。先勝を許したファイターズが第2戦のマウンドを託したのは満身創痍のエース・ダルビッシュ。そのクレバーかつ気迫漲るピッチングは圧巻でした。そして東京ドームに観戦に行った第5戦は、9回裏のG亀井の同点弾・阿部の逆転サヨナラ弾という劇的すぎる結末でした。09年日本シリーズは球史に残る名勝負だったと思います。

 第7位 WBC日本代表 世界一

今年の野球界は歓喜のスタートで幕を開けました。代表監督に原・巨人監督が就任、当初その指揮・采配ぶりが心配されましたが個性派ぞろいの選手たちを見事に掌握しチームを世界一へと導きました。決勝までに韓国と4度対戦するというシステムには疑問符が付きますが、一戦一戦は、負けたら終わりという息をのむ緊迫感に溢れ、野球の面白さ・醍醐味を私の胸中に蘇らせてくれました。決勝延長10回のイチローの決勝タイムリーの場面は、今思い出しても鳥肌が立ちますね。

 第6位 やっぱり高校野球は面白い!

早慶揃い踏みで注目されたセンバツ大会は序盤から緊迫した好ゲームが続き、その決勝戦も花巻東・菊池君と清峰・今村君という左右の本格派好投手の見事な投手戦(1-0で清峰が優勝)が繰り広げられました。選手権決勝も新潟県勢初の決勝進出を果たした日本文理が、中京大中京に4-10とリードされた9回2死から1点差に詰め寄る大反撃をみせ、「あわや!?」というところまで追い詰める見事な粘りを見せました。一方軟式でも神戸弘陵vs東山が2日間にも及ぶ延長24回の激闘を戦い、名城大附エース小林君が史上初のパーフェクトゲームを達成したりするなど、好ゲームを繰り広げました。高校野球の面白さを満喫した年でしたね。

 第5位 塾野球部 早慶戦連勝で勝ち点奪取

本当はこれが当たり前になると嬉しいのですが…。それにしてもチーム漆畑の最後の早慶戦は見事な戦いぶりで、久しぶりに溜飲の下がる思いでした。初戦は中林君・2回戦は小室君と両4年生投手が宿敵早稲田打線を封じ、その好投に応えるべく打線も爆発、11-2、7-4と連勝で勝ち点を奪取することができました。チーム漆畑は最終的には優勝に手が届きませんでしたが、この秋季リーグの勝率は優勝した明治を上回るという成績を残し、有終の美を飾ったと思います。優勝への思いはチーム湯本が必ずや引き継いでくれることと思います。チーム漆畑のみなさん、素晴らしい数々の想い出をありがとうございました。

 第4位 塾高 センバツへ

塾高そして早稲田実業とセンバツ史上初の早慶揃い踏みとなった第81回センバツ。塾高は明治神宮大会優勝の実績を引っ提げ、優勝候補の一角として2年連続の甲子園へコマを進めました。残念ながら1回戦で島根・開星に1-4で敗れてしまいましたが、神奈川から3季連続で甲子園出場を果たした快挙は素晴らしいの一言に尽きます。最近は勝ち上がることが当たり前のような錯覚に陥いり敗戦すると誹謗中傷や非難が湧きあがるようですが、とても嘆かわしいですね。むしろ甲子園に出場することが物凄い快挙であることを再認識しその偉業をたたえ、そしてワクワクした思いを我々に与えてくれる塾高野球部に大いに感謝すべきだと思います。というわけで来年の塾高エンジョイベースボール、大いに期待してますよ!

 第3位 20年ぶりのHR!

今年10月、草野球で大学時代以来20年ぶりのホームランを打ちました!少年野球で毎週ノックバットを振っていることが良かったのでしょうね。当った瞬間はあまり手応えが無かったのですが、気がつくと打球はレフトの頭上を遥かに超えていき転々と…。もつれそうになる足をフル回転させ最後はへたり込むようにホームイン、心地いい苦しさを体感することができました。次のHRは20年後かな?
今まではほぼフル参加していた草野球でしたが、今年は少年野球との兼ね合いで年後半はほとんど参加できませんでした。来年は是非とも出席率50%以上・規定打席到達を最低目標とし、気が置けない素晴らしい仲間達と草野球を1試合でも多く楽しめたらいいなと思っています。

 第2位 少年野球 悲願の優勝

去年は春・秋ともにあと一歩及ばず準優勝に終わった少年野球。主力が抜け冬の間一からチームを作り直し優勝できなかった悔しさをバネに一生懸命頑張ったマメ達。そして迎えた春の大会。低学年チームは大健闘、見事平成16年以来の優勝を果たしました。春秋連覇を目指して臨んだ秋初戦に惜しくも敗れ、結局その1敗が大きく響き秋は第3位という結果に終わりました。
1年間レギュラーショートとして試合に出場し続けた長男はいよいよ4年生。来季は副将として自分だけでなくチームを引っ張っていかなければならない立場となります。この秋に感じた悔しさをバネにして、春連覇を必ずや達成しましょう!

 第1位 無病息災 野球漬け

少年野球に草野球、月に1回ナマ野球観戦…と大好きな野球にドップリ浸かった1年間を過ごすことができました。大きな事故や怪我・病気が無かったこと、そしてこんな野球漬けの毎日を許してくれた嫁さんや家族の理解があったからこそのこの充実した1年だったと思います。来年も気力・体力の続く限りこんな生活を過ごせたらいいなぁと思っておりますので、どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

…ということで、2009年のMスポ的10大ニュースでした。

最後に。

今年1年、拙ブログ「Mスポ」にお付き合いくださいまして誠にありがとうございました。

年内更新はこの記事で最後、新春のご挨拶を除きまして来年は1月6日頃から再開の予定です(大変申し訳ありませんが、その間にいただきましたコメントおよびトラックバックは1月6日までアップすることができませんのでご了承賜りたいと存じます)。

来年も皆様方にとって充実した素晴らしい年となりますように心から祈念申し上げます。

それでは、みなさん良いお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

Merry X'mas & Wish You Happiness!

2009年のクリスマスの夜、東京・赤坂。大学時代一緒に野球をしてきた仲間で「最後の独身」、テツが結婚しました。

テツは大学卒業後、某スポーツメーカーに就職したもののプロ野球の通訳になる夢を叶えるため退職、単身渡米し独立リーグでのブルペン捕手などを経験した後日本に戻り、念願の通訳として西武ライオンズに、そして現在はベイスターズで活躍している芯の一本通ったナイスガイなのです。

この夜のために久しぶりに集まった大学時代の野球仲間と「この暮れの忙しい時期、しかも平日の夜に…なぁ。」なんて心にもない悪態をつきながら式に参列、幸せいっぱいの2人の姿、特に新婦の喜び満面の微笑に、感動で胸がいっぱいになり心が暖まる思いでした。私も幸せのおすそ分けをいただくことができました。どうもありがとう。

続いて行われた披露宴は、新郎が渡米時のアルバイト経験を生かして自ら肉を焼いたり、親戚の方が見事なダンス(?)を披露してくれたりと、「心からこの会を楽しんでもらいたい」という新郎新婦の心遣いが伝わってくる素晴らしい会になりました。唯一、アラフォーの私達「新郎の大学時代の野球仲間5人」が、テツのお面をかぶって組体操するという余興を除いては…(笑)。

テツ、そして奥様、ご結婚おめでとうございます。

この先、苦しい場面・辛い場面・困難な場面に直面したとしても、この夜に2人が感じた「気持ち」さえ忘れなければ、必ずや乗り越えられると思います。

どうぞ末永くお幸せに!

.

.

あっ、言い忘れました。奥様、テツが我々と草野球をすることだけはどうぞ許してやってください。お願いしますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年の草野球も無事終えることができました。

日曜日は草野球の今季最終戦。試合後の温泉・納会があるためいつもの車ではなく電車でグラウンドへ向かいました。途中車窓から朝日に照らされた見事な富士山を見ることができました。何か幸せな気分でしたね。

7時ちょうどに河川敷グラウンドへ到着。

土手の上から朝日に照らされた誰もいないグラウンドを見下ろすと、芝生と土の境が全く分からない程の霜で一面真っ白。その光景を見て「まったく…、こんな時期までようやるよなぁ」と思わず自嘲気味に苦笑いでした。

さて8時過ぎから始まった試合は、攻撃側審判ルールで行われました。

普段とても温厚で紳士的な友軍捕手のH君が、あからさまなひいき判定と審判をしているのに味方へ攻撃の指示を出す等の行為を巡って審判と対立、珍しく憤るなど不穏な空気が流れます。

「こういう相手には正々堂々と正攻法で戦ってキッチリ勝とうぜ!」「オーッ!!」…とチームの士気は大いに上がったものの結果は2-4で敗戦、今季最終戦を勝利で飾ることはできませんでした。そして私も1打席目は見逃し三振、2打席目はショートゴロ(失策)という結果に終わり、なんともすっきりしない今季最終戦となりました。

試合後、敗戦の嫌な残像を払拭すべく1時間半ほど楽しく(厳しく?)練習を行いました。そして最後にマウンド付近で円陣を組み一年間楽しく怪我なく野球ができたことへの感謝と、来年のさらなる飛躍を期しての3本締めを行い、無事に2009年の草野球を終えることができました。

その後有志で近くの健康ランドへ移動、まったり・たっぷり・のんびりと湯船につかり、大広間でキューっと冷たいビールを飲みながら今年一年の草野球を酒の肴に楽しいひと時を過ごすことができました。あぁ何という幸せ…。

みなさん、1年間お疲れさまでした!!

来年もまた「明るく楽しく気持ちよく」頑張りましょう!!

.

今年は3割5分3厘という高打率を残せたことに加え、20年ぶりのホームランを打つことができた等、質的には満足できる内容だったのですが、少年野球との兼ね合いで参加試合数が激減し初めて規定打席不足になるなど、量的には物足りないといった草野球でした。

2010年は少年野球と草野球を上手く折り合いをつけ、質量ともに充実した野球生活を送れるように頑張りたいと思います。

…もちろん、家庭ともしっかり折り合いをつけることはいうまでもありません。 coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明日は草野球納会です!

2009年もあと少し、私の周辺もにわかにバタバタし始めました。

でも何で暮れが迫ってくると「何とか年内に…」という仕事が増えてくるんでしょうね(今まで暇だったのに…)。

年度末と違って、「年内に…」っていう要請は「年の終わりということでこの仕事も区切りをつけて終わらせたい」という気分的な要因が大きいんでしょうね。

…ただ月がかわるだけなのに、なんか納得できないですね~。

ということで、年末まで今までのようなペースでは記事の更新をすることができなくなりそうです。

ご容赦くださいね。

さぁ、明日は草野球の納会です。本格的バタバタ突入を前に、愛すべき草野球仲間たちと思いっきり楽しいひと時を過ごせればいいなぁと思っています。

今季最終戦・ハッスルプレーをして、たっぷりどっぷり温泉に浸かって、ぐびぐび浴びるようにビールを飲むぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧