大学野球

うらめしい週末の雨。

週末雨というサイクルで、グダグダになっている今秋の野球。

少年野球は1日に開幕して以来、低学年チームはまだ1試合、高学年チームは初戦も戦っていないという事態に追い込まれています。これから日程がタイトになること間違いなし。ギリギリの人数で戦っていますので、連戦やダブルヘッダーが組まれてしまうと、大変なことになりそうです。参りましたね…。
神奈川県大会も日曜日に行われるはずだった4回戦が台風で延期となり、今秋平日に振り分けられ行われています。
塾高vs平学戦は今週金曜日。たしかこの時期は、塾高は定期テストの真っ最中じゃなかったでしょうかね。しっかり練習(勉強?)できてるか、とても心配です。
さて先週末に開幕した東京六大学野球。塾野球部は立教に初戦大敗(1-9)という何とも心配なスタートを切りましたが、2・3回戦と粘りを発揮して逆転勝利し勝ち点奪取に成功しました。白村君は早くも今季2勝目。この勢いで覇権奪回、神宮大会制覇まで突き進んでほしいですね。
ここ数日、カラッとしたさわやかな秋の晴天が続いています。今週末までこの好天はもつのでしょうか? 何とかこういう空の下で、おもいっきり野球を楽しみたいですね。

| | コメント (0)
|

スポーツの秋、野球の秋。

朝晩だいぶ過ごしやすくなってきましたね。秋の気配が日に日に増しています。

少年野球の秋季大会も先週開幕し、低学年チームも初戦を戦いました。試合終盤まで2点差でもつれる競った試合展開となりましたが、最終回に疲れが見え始めたエースがつかまり突き放され4-11で残念ながら敗退となりました。相手は春季大会準優勝チーム、こちらは成長途上のチームですから、結果はある程度予想していたのですが、練習してきた成果を随所に発揮し健闘、点差以上に内容のあるゲームでした。こういう中身の濃いゲームをしていればそう遠くないうちに勝利をつかむことができると思います。秋季大会のブロックは残り3試合、1つでも多くの勝てるように頑張っていきましょう!

6番セカンドの次男は残念ながら3打数無安打。三振、二ゴロ、三ゴロでしたが、2打席目の二ゴロは目の覚めるような素晴らしいライナー性の打球、惜しくもセカンド真正面だったためアウトになってしまいましたが、あのようなバッティングができれば秋季大会でも、いい打率を残せると思います。頑張ってほしいですねぇ。

さて、秋季高校野球神奈川県大会も7日に開幕しました。SFCは残念ながら本戦出場はならなかったものの、塾高はブロック1位で予選突破、8日の初戦(2回戦)では、磯子に7-0と快勝、好発進しました。次の試合は14日、試合会場はまだ発表されておりませんが相手は古豪・横浜商業となりました。なかなか手強い相手となりますが、一戦必勝で1つでも多く勝ち上がってほしいなぁと思っています。

今週末はいよいよ東京六大学リーグも開幕です。野球を、見るにもプレイするにも絶好の季節となりました。仕事に追いまくられてはおりますが存分に野球を楽しみたいと思います。

| | コメント (0)
|

来季に巻き返しを!

2013年春季東京六大学野球閉幕…。

4勝8敗勝ち点1の5位という成績の塾野球部…。

早慶戦でも全くいいとこなしの連敗…。

でも谷田君、藤本君、横尾君の若きクリーンアップ、切り込み隊長・佐藤旭君ら攻撃陣はリーグ屈指の力を秘めているといっても過言ではありません。

問題は白村君かな。過去エースと呼ばれた諸先輩達と比べると少々物足りない感じがします。実力は申し分ないんですが、塾のエース・大黒柱としての精神的な強さみたいなものが…。

ポテンシャルは5位に甘んじるような力ではないはず。秋季での巻き返しを大いに期待しています!

| | コメント (2)
|

野球雑感。

最近何かとバタバタと忙しく、全くブログを更新できない状態が続いています。何とかしたいところなんですが…。

ここのところの野球雑感です。

来年行われるWBCの日本代表候補のメジャー組が今のところほぼ全滅みたいですね。メジャー側の、WBCに対する見方・考え方みたいなものが非常によくわかるような気がしますね。

昨日、読売ジャイアンツがアジアシリーズで優勝を決めました。巨人は交流戦V、レギュラーシーズンV、クライマックスV、日本シリーズVに続いて5冠を達成しました。メジャーVのジャイアンツとアジアVのジャイアンツで、GG決戦、太平洋シリーズでも開催してほしいですね。

塾野球部の新体制が決まりました。新主将は堀野真君だそうです。理工学部ということで学業との両立は大変そうですが、文武両道こそ慶應義塾の真髄。山﨑前主将が達成できなかったリーグ制覇・日本一を果たすべく、チームの先導者としての活躍を心より期待しています。

いよいよ今度の日曜日から少年野球の上部大会が始まります。しかしながら昨日の練習では、何とものどかな雰囲気が流れておりました。まあ、この期に及んでレベルアップを図るための特訓を1回や2回したところで、チームが見違えるほどの成長を遂げるわけはなく…(笑)。各区を勝ち上がってきた強豪相手に、今年のチームの戦い方(10点取られたら11点取り返す)でどこまで通用するのか、おもいっきりぶつかっていけばそれで良し!ということで、コンディションの維持調整と戦う雰囲気づくりに集中したいと思いますね。

ということで次の更新がいつになるか定かではありませんが、仕事に流されず、どっぷりとまではいきませんが、しっかりと野球に浸かっていきたいと思います。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

4年生の皆さん、お疲れさまでした。

早慶2回戦、今秋はNHKでの観戦となりました。

1-4からキャプテン山崎君の犠飛で2-4。5回からエース福谷君がマウンドに上がり早稲田打線をピシャッと3人で抑えると試合の流れは塾へ傾き始め、7回裏谷田君・辰巳君の2ベースで1点差。しかし8・9回に追加点を奪われ万事休す、3-6で敗戦となりました。

9回裏の攻撃時には、涙を浮かべながらも最後の最後まで仲間を大きな声で叱咤激励する山崎キャプテンの姿が映し出され、私も思わずもらい泣きしながらその瞬間を見届けました。

その瞬間…。

来季以降チームの中心打者として活躍してくれるであろう1年生・谷田君が、ワンボールツーストライクからの外角ストレートをフルスイングして空振り、そしてゲームセットとなった瞬間。

山崎君らの思いを託され打席に立った谷田君。その期待にこたえようと今できる最大限の力でフルスイングしたものの力及ばず空振り三振。山崎君らの思いと、その期待にこたえられなかった悔しさは、今後の谷田君を大きく成長させる心の糧になることは間違いありません。

うまく言い表せませんが、このゲームセットの瞬間の光景に、選手は変われど歴史と伝統・気概と誇りが受け継がれていく学生野球の全て(醍醐味・素晴らしい魅力)が凝縮されているような気がして、「よし、これでいい。」と心の中でちょっと清々しい思いがしました。(負けていいわけはないんですけど…)

塾野球部は、山崎キャプテンをはじめとする4年生の皆さんの背中を見て育った後輩たちがしっかりと受け継ぎ、新たな歴史と伝統を築き上げていってくれるでしょう。

4年生のみなさん、お疲れさまでした。

これからは一緒に塾野球部の活躍を応援していきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

福谷君、ドラドラ1。

塾野球部の福谷投手、ドラゴンズにドラフト1位指名!

ドラドライチ。なんかマージャンみたいですが…(苦笑)

先発でもイケると思ってますが、セットアッパー浅尾→クロ―ザー岩瀬の間に食い込んでいくような気がしています。そして将来(近いと思いますよ)的には、セットアッパー福谷→クロ―ザー浅尾というようなゴールデン勝利の方程式が作られるのでは?!と楽しみでなりません。

セントラルですから、G・高橋由伸大先輩、若虎・伊藤隼太君との対戦もありそうなのでこちらも楽しみですね。

ちょっと残念だったのは、エース左腕・竹内君と強肩・好打の阿加多君の指名漏れ。特に阿部の後継捕手として阿加多君をGがドラフト3位くらいで指名するんじゃないか?なんて勝手に思っていただけに…。

そんなこんなで悲喜こもごものドラフトも終わりました。

スッキリした気持ちで、さあ!早慶戦ですよ!!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

法政が優勝。

東京六大学秋季リーグ戦は法政が7季ぶりの優勝を果たしました。

優勝、おめでとうございます。

…法政って7季も優勝してなかったんですね。ちょっと意外でした。

塾野球部を応援する者といたしましては、チーム山﨑になんとしてでも天皇賜杯を手にしてもらいたかったんですけど、あと一歩及ばず…。なんとも残念ですね。

がしかし、凹んでいる時間はありませんよ。今週末は大一番・華の早慶戦です。

「打倒・ワセダ」へと気持ちを切り替えて、ぜひとも有終の美を飾ってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

明治を応援!

本日行われた東京六大学秋季リーグ戦・法政vs明治戦は、法政が3-2で接戦をモノにした模様。

この結果、明治は優勝争いから脱落、優勝の行方は

  1. 法政 ○ → 法政優勝
  2. 法政 ●○ → 次週早慶戦で早稲田が1敗でもすると法政優勝
  3. 法政 ●○ → 早稲田○○で早法優勝決定戦
  4. 明治 ○○ → 次週早慶戦で勝ち点を挙げた方が優勝

ということになりました。

塾優勝のためにはパターン4の展開となり、早慶戦で宿敵早稲田に勝つしかありません。健闘およばず優勝の可能性が消えた明治には酷なお願いをするようですが、塾大逆転優勝のためには何が何でも残り2試合、明治に勝ってもらわなければなりません。

ということで明日・明後日は、2日間限定・明治応援団として、神宮に勝利の念を送り続けたいと思います。

白雲なびく駿河台~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

クライマックス、ご一緒に。

塾野球部、慶明4回戦を1-0で制し勝ち点3に!

凄いことになってきました。東京六大学秋季リーグ戦は残り2週を残して法・早・慶・明が勝ち点3で並ぶという大混戦に!

今週末は法政vs明治、そしてラストを飾る早慶戦。

NPBもMLBもクライマックス、少年野球も優勝決定戦、そして神宮の杜もヤケドするほどアツくなってきましたねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

淋しくて、悲しくて。

ライオンズ・佐藤友亮選手が現役引退です…。

思い出すなぁ。1995年7月30日、灼熱の横浜スタジアム。

吉原君との2枚看板で選手権神奈川県大会決勝まで勝ち上がり、あと一歩のところで日大藤沢に惜敗(2-4)した試合で塾高の最後のマウンドを守っていたのは背番号8をつけた佐藤君でした。

あれから17年。08年のアジアシリーズではMVPを獲得した走攻守揃った万能選手・佐藤友亮君がついに現役引退です。12年間お疲れ様という気持ちと、ちょっと淋しい気持ちが半々ですね。これからどういう道を歩んでいくかわかりませんが、いずれ指導者としてグラウンドに帰ってきてくれることを心から願っております。

そしてもう一つ、悲しい知らせが…。

左腕から繰り出される150kmの速球と、縦・横2種類の高速スライダーを武器に通算30勝17敗、371奪三振をマークしてドラ1でスワローズに入団した塾野球部OBの加藤幹典投手が戦力外通告を受けたということです。スポニチによれば、加藤君はそのままユニホームを脱ぐとのこと…。

う~ん、なんとも残念としか言いようがありませんね…。

なにか、とても淋しい秋の風が一気に吹き寄せてきた感じですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧